楽天がメッシ退団のFCバルセロナから撤退! 浮いた金で新国立競技場買収へ

楽天がメッシ退団のFCバルセロナから撤退! 浮いた金で新国立競技場買収へ
楽天がメッシ退団のFCバルセロナから撤退! 浮いた金で新国立...の画像はこちら
(画像) Iurii Stepanov / Iurii Stepanov
楽天がスペインリーグのFCバルセロナから撤収し、新国立競技場への進出準備を進めている。

新国立競技場は24億円の年間維持費がネックとなってこれまで借り手が見つからなかったが、三木谷浩史会長が42億円のバルセロナマネーを活用し、J1・ヴィッセル神戸の本拠地移転に舵を切る!

プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスとJリーグ・ヴィッセル神戸のオーナーを務める楽天の三木谷浩史会長が、超特大のニンジンを掲げ、双方のチームに優勝の厳命を突きつけている。ニンジンの原資は、現在、サッカー・スペインリーグの名門、FCバルセロナに費やしている3000万ユーロ(約42億円)のスポンサーマネーだ。


楽天は2017年に結んだ4年間のスポンサー契約が昨年で満了し、それまで年間62億円だった金額を減額して1シーズン延長していた。しかし、三木谷会長は世界的に新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない状況に加え、バルセロナの看板選手、リオネル・メッシがフランスリーグのパリ・サンジェルマンに移籍したことなどから、バルセロナ撤収の方針を固めているという。

「三木谷会長は浮いた資金をプロ野球とJリーグの来季予算に振り分け、新規参入したモバイル事業を後押しする考えです。しかし、均等にとは考えておらず、双方を競わせ、どちらかに資金を集中させる方針。現在、プロ野球の東北楽天、サッカーの神戸とも上位につけていて、戦い方次第で優勝も可能です。楽天グループには何がなんでもどちらかに優勝してもらわねばならない、お家の事情があるのです」(大手広告代理店幹部)

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク