巨人・原辰徳監督に退任危機…V逸なら契約満了での“解任”か

巨人・原辰徳監督に退任危機…V逸なら契約満了での“解任”か
巨人・原辰徳監督に退任危機…V逸なら契約満了での“解任”かの画像はこちら >>
東京ドーム (C)週刊実話Web
巨人・原辰徳監督のクビに〝黄色信号〟が灯っている。

シーズン序盤こそ首位だった巨人だが、すぐに宿敵・阪神にその座を明け渡すと、以降は独走を許す展開。しかし、後半戦の好調で徐々にゲーム差を詰め、8月29日にはついに4月1日以来となる首位に返り咲いた。

だが、この天下も長くは続かない。9月3日からの対阪神首位攻防戦では、痛恨の勝ち星ナシで早くも2位転落。すると、大事な天王山を落として燃え尽きたが如く、11日まで引き分けを挟んで2年ぶりの6連敗を喫してしまった。これでみるみる順位を下げたチームは、9月13日時点でヤクルトの後塵を拝すまさかの3位。虎の尻尾は遠のくばかりで、残り試合数を考えても優勝はかなり厳しい情勢だ。

「今季はAクラスとBクラスのゲーム差がはっきりしているため、巨人のクライマックスシリーズ進出は〝当確〟。ただ、シーズン終盤の連敗はあまりに痛く、『メイクレジェンド』級の奇跡でも起きなければ優勝はほぼ不可能でしょう。そしてもし優勝を逃すようなことがあれば、監督の進退問題に関わってきます」(スポーツ紙記者)

CS後の退任は確定的か…


原監督は今季3年契約の3年目。2019年の監督復帰から2年連続優勝を果たし、通算では9回の優勝と、黄金期にV9を果たした野球の神様・川上哲治元監督に次ぐ球団歴代2位の優勝回数を誇る。

「今季は契約の最終年ですから、結果を出せなければ満期扱いで退任となるのは間違いない。これを回避するには、ここから奇跡の優勝を決めるか、CSで〝下剋上〟を果たしての日本一しかありません」(同・記者)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク