司会者・玉置宏“大スターと対峙して磨いた洞察力”~灘麻太郎『昭和麻雀群像伝』

司会者・玉置宏“大スターと対峙して磨いた洞察力”~灘麻太郎『昭和麻雀群像伝』
司会者・玉置宏“大スターと対峙して磨いた洞察力”~灘麻太郎『...の画像はこちら >>
(画像) Nor Gal / shutterstock
明治大学を卒業した玉置宏が、文化放送にアナウンサーとして採用された折、最初に担当したのが『あなたの歌謡曲』であった。以来、50年近くの長きにわたり、流行歌一筋に歩んだ人生だった。

局アナになって2年目に、早くも独立。この時に持った番組が『ロッテ歌のアルバム』(TBS系)で、以後1000回も続く異例の長寿番組となった。その間、多くの歌手が現れては消えていく中で、玉置はスターを超える番組の顔として君臨し続けた。

当時、彼の司会ぶりは賛否両論で、大物歌手に対してはもみ手をするかのように大げさに褒め上げる。その一方で若手歌手には、友達に語りかけるようになれなれしく接した。

そんな対応の落差に世間は批判の目を向けたが、玉置はひるむどころか、逆にこう切り返している。

「司会者は包装紙である」

番組や歌手は、いわば商品。それを包み込む包装紙は、中身をいかによく見せるかが使命なのであって、美辞麗句は当然のこと。自分はそれに向けて、忠実に役目を果たしているにすぎないのだと。

有名な「1週間のごぶさたでした」というフレーズとともに、玉置の歩みはそのまま昭和の歌謡史に連なっている。

競馬やパチンコなどには一切手を出さない彼が、唯一、親しんでいたギャンブルが麻雀である。雀歴は社会人になってからで、歌手の地方巡業に帯同した際に覚えたという。長い幕間の時間つぶしには麻雀が最適で、自分の意思で覚えたというより、誰かに覚え込まされたのだろう。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

玉置宏のプロフィールを見る
週刊実話WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク