出演数ダントツ1位芸人 設楽統がテレビ界に気に入られる理由

出演数ダントツ1位芸人 設楽統がテレビ界に気に入られる理由
(提供:週刊実話)

 お笑い界で話題となっているのが“バナナマン”の設楽統(42)だ。50歳以下のお笑い芸人の'15年(1月~12月)のテレビ番組出演本数を調べた結果、556本でダントツのトップだったことが判明したのだ。
 「タレントというジャンルで一括りにすると、TOKIO国分太一が653本で1位ですが、お笑い芸人のジャンルだと設楽が1位になるんです」(放送作家)

 ちなみに、お笑い界の2位以下のランキングは…。
2位 澤部佑(458本)
3位 加藤浩次(456本)
4位 有吉弘行(452本)
5位 春日俊彰(421本)
6位 後藤輝基(419本)
7位 博多大吉(411本)
8位 若林正恭(405本)
9位 大久保佳代子(378本)
10位 上田晋也(377本)
 「強いのは冠番組を持っている芸人。加藤は『スッキリ!!』(日テレ系)、有吉も『有吉ゼミ』(同)など多くのレギュラーを持っているんです。ところが、設楽の場合、ピンだと『ノンストップ!』(フジ系)くらい。いかにゲスト出演を多くこなしていたかということです。今やバラエティーのキャスティング会議で必ず名前が挙がるのは設楽なんですよ」(芸能プロ関係者)

 人気の秘密とは、いったい何なのか!?
 「来た仕事は、基本断らない姿勢が広まったことが1番の理由です。二つ目は知名度の割に出演料がリーズナブルだということ。ちなみに、設楽クラスだと本来ゴールデン&プライム帯で1本当たり80万円~ですが、彼は50万円。旧知の間柄であるスタッフには20万円~と格安で受けることもあるんです。しかも、スタッフに文句を言わない。言われたことをそつなくこなしてくれる。まさにバラエティー界の超エリートと言ってもいい存在です」(テレビ関係者)

 今春からは新たに設楽が司会の新バラエティー番組『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』(TBS系)が放送される。
 今年度のトップも設楽で決まりか…!?

あわせて読みたい

気になるキーワード

設楽統のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る 2016年4月8日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「矢部浩之」のニュース

次に読みたい関連記事「矢部浩之」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「朝日奈央」のニュース

次に読みたい関連記事「朝日奈央」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら