日立&三菱重工事業統合ドタバタ裏にヘソ曲げた「三菱金曜会」

 日本経済新聞が8月4日付朝刊で報じた“スクープ”に衝撃が走った。日立製作所と三菱重工業が経営統合に向け協議中というのだが、同日の午前9時に両社は「そのような事実はない」とのコメントを発表、日経報道を否定した。三菱重工に至っては「合意する予定もない」と不快感をあらわにしたほど。いったい、このドタバタ劇の裏に何があったのか。
 「否定のコメントが出る3時間ほど前、日立の中西宏明社長は自宅前に押しかけた報道陣に協議の事実関係を認めた上で『今は言えないが、夕方に発表する。午後3時に(記者会見の)連絡をする』と言い残して、迎えに来た車に乗り込んだのです。この時点では、統合はほぼ確実との見方が強かったのですが…」(経済誌記者)

 ただ、三菱重工の大宮英明社長は自宅マンションの地下駐車場から姿を現し、報道陣を振り切って走り去った。そのため真意は不明だが、前述した中西・日立社長の発言を額面通りに受け取れば、重工の大宮社長も大筋では統合に合意していたと見るのが自然だろう。
 それが、一転して否定のコメントに変わったとあっては憶測を呼ばないわけがない。実際、外国通信社のロイターなどは「日立が全面統合を考えているのに対し、重工は全面統合にメリットがない。だから特定の事業分野に限定した統合を考えていたのではないか」と分析、これを引用する形で多くの国内メディアが「売上高で日立は重工の3倍ある。重工は全面統合すれば日立に呑み込まれると警戒したのではないか」と報じている。
 「日経にリークした日立とすれば『これで三菱重工の外堀を埋めた』の心境でしょう。が、全面統合は重工が日立の軍門に屈することを意味する。これに危機感を募らせた面々が大宮社長を突き上げたからこそ、慌てて否定のコメントを発表したようです」(情報筋)

 それもムベなるかな。三菱重工は銀行、商事とならぶ「三菱御三家」で、三菱グループの社長などで構成する「三菱金曜会」の中心メンバーである。金融関係者が喝破する。
 「去年のNHK大河『龍馬伝』で三菱の祖である岩崎弥太郎を卑しい人物として扱った。これを見た金曜会の偉いさんがNHKにねじ込んだ。そんな武勇伝を持つ彼らが、今回の屈辱を許すわけがないでしょう」

 この統合劇、どう転がってもひと波乱ありそうだ。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2011年8月29日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら