そうだったのか! 女子アナ、美人局員で構成する『池上会』という妖しい宴

 民放各局が年末年始の特番に向けて動き始めた。なかでも注目なのが、視聴率を取れると評判のNHK出身のジャーナリスト・池上彰氏(61)だ。
 最盛期、『そうだったのか! 池上彰の学べるニュース』(テレビ朝日)などテレビ5本、ラジオ2本のレギュラー番組を抱える超売れっ子だった池上氏が突如、放送界から完全撤退を宣言したのが今年1月。春になると宣言通り、全ての番組から本当に降板してしまった。その理由が面白い。
 「本人は『取材や執筆活動に専念したい』と熱心に語っていた。顔が売れすぎて大好きな本屋さんに行けないとも嘆いていました。当初、テレビに出演していた時のギャラは一回5万円。しかし、池上さんの番組は視聴率がどんどん上がり、一気に30万円以上に跳ね上がったんです。今年3月には一回の特番で200万円クラスになっていました。彼は金に汲々としていない。生活費だけ稼げれば、という考えなんです」(関係者)

 この池上氏に対し、あの手この手を使ってテレビ界に再び引きずり込もうとしているのが民放各局。驚くことに女性メンバーのみで構成される『池上会』なる互助会まで組織して池上氏を説得しようとしているのだ。
 「表向きは各テレビ局の池上番が自発的に立ち上げた勉強会です。しかし、実際は池上氏をテレビに出演させるための秘密部隊。各局から選りすぐりの美女達が集まって池上氏を接待している」(事情通)

 『池上会』の前身は純粋な勉強会だった。池上氏と顔見知りのNHKの女性ディレクターが、民放の女性記者や女性ディレクターに声を掛けてスタート。
 「最初は本当に普通の勉強会だった。しかし、紹介だと言ってどんどん局の編成関係者が出入りするようになってから雰囲気がおかしくなったんです。今年5月ころには、完全に池上さんへの出演オファーの相談をする場所になってしまった」(池上会の元メンバー)

 現在、『池上会』には記者やディレクター、女子アナなど計30名近くがメンバーになっているという。
 「月に一度、メンバーの自宅でホームパーティーが開かれるんです。そこに池上氏がやってくる。もちろん、男性は池上氏だけ。ニコニコしながらお酒を飲んでいますよ。それでも女性の手を握ったり個別に連絡先を聞いたりはしていない」(テレビ関係者)

 テレビの裏側は怖い。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 視聴率 いだてん
  2. 視聴率 ドラマ
週刊実話の記事をもっと見る 2011年9月1日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら