貞淑美女タレントの性白書 小池百合子 「厚化粧の大年増」はぷるぷる隠れDカップ巨乳(2)

貞淑美女タレントの性白書 小池百合子 「厚化粧の大年増」はぷるぷる隠れDカップ巨乳(2)
(提供:週刊実話)

 カイロ大学卒業後は、アラビア語通訳に。
 「時は、第1次オイルショックの頃。政府要人や財界人から重宝がられて大活躍。存在感を増して行ったのです」(全国紙記者)

 さらに、こんな超大物とのインタビューにも成功。
 「パレスチナ解放機構(PLO)のアラファト議長やリビアのカダフィ大佐です。この時、小池氏の辞書から『物怖じ』という言葉がなくなったそうです」(政治ライター)

 そんな小池氏に注目したのが日本のテレビ局だった。
 「語学力、知性、度胸があって、美しい。しかも、プルプルの“隠れDカップ巨乳”。日本のテレビ局が放って置くはずがありません」(放送ライター)

 1985年まで続いた『竹村健一の世相講談』(日本テレビ系)では、政治評論家の竹村氏と丁々発止でやり合った。
 「パイプと“だいたいやねえ~”が口ぐせの竹村氏は、とても個性の強い評論家でしたが、小池氏は自分の言いたいことをズバズバ言って、いつも竹村氏と互角にわたり合っていました」(テレビ局関係者)

 その後、1988年には『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)のメーンキャスターに就任し、一本立ち。しばしば、政界進出を取り沙汰されるようになった。
 そして1992年7月、前熊本県知事の細川護煕氏が結党した日本新党公認で参院選比例代表に出馬し初当選。
 1993年7月には衆院選にくら替え出馬し、見事、トップ当選を果たした。
 「お父さんの雪辱とばかりに、同じ旧兵庫2区から立ち当選したのです。“似たもの父娘”とよく言われていました」(前出・テレビ局関係者)

 1994年12月には新進党結成に参加。小選挙区比例代表並立制が導入された1996年の衆院選では兵庫6区から立候補して再選。
 1998年1月には、小沢一郎氏が党首を務めた自由党の結党に加わった。
 その後、保守党を経て、2002年12月、自民党に入党した。
 「ここまで連続して8期当選していながら、頻繁に所属政党を変えるところから『政界の渡り鳥』と揶揄する声も多く聞かれました。また、細川氏をはじめ、小沢氏、小泉純一郎氏、安倍晋三総理といった“時の権力者”に取り入ることが上手だったところから、“女を武器にしている”とのやっかみも沢山ありました」(前出・政治ライター)

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「小池百合子 + 結婚」のおすすめ記事

「小池百合子 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「小池百合子 + コスプレ」のおすすめ記事

「小池百合子 + コスプレ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「舛添要一」のニュース

次に読みたい関連記事「舛添要一」のニュースをもっと見る

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月24日の政治記事

キーワード一覧

  1. 小池百合子 コスプレ
  2. 小池百合子 東京五輪
  3. 小池百合子 結婚

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。