2011年カレンダー販売戦争に隠されたフェロモン美女たちのSEX事情(2)

 女優陣では、とりわけ映画関係のカレンダーに動きがあるようだ。
 '11年版で、7年連続東宝カレンダーの表紙を飾る長澤まさみ(23)は、「このカレンダーで表紙は最後なのではないか」ともいわれている。
 '09年までは、東宝芸能所属のタレントをまとめた同カレンダー以外にも、東宝から“ピン”で卓上用が出されていたが、'10年版からは出されていない。その代わり、4月始まりの分から「長澤こよみ」なるカレンダーが出ているのだが、この発売元は東宝ではなくマガジンハウスなのだ。
 「去年11月公開の東宝映画『曲がれ! スプーン』が大コケしたことが響いています。今年に入っても天海祐希主演の夏ドラマ『GOLD』(フジ系)に脇で出ましたが、数字が振るわず浮上のきっかけには繋がらなかった。東宝の彼女に対する見限りが、いよいよカレンダーの起用にまで影響しそうなのです」(映画関係者)

 '11年版に限っては辛うじて表紙を飾ることができたが、これには理由がある。
 「東宝芸能の松岡功名誉会長のおかげといわれています。'99年の東宝シンデレラで長澤をグランプリに推したのも松岡氏。事務所としては、その彼女を7年連続していた表紙からは降ろしづらい。しかし、そんな“擁護”も、限界にきているというわけです」(前出・夕刊紙記者)

 また、東映カレンダーでも'02年から高島礼子(46)が表紙を飾っているのだが、こちらも今回で最後といわれている。
 「『極妻』人気が根強いため、長い間彼女が起用されていましたが、今年も東映映画で登場したのは『君が踊る、夏』の脇役ぐらいで、すでに高島=東映専属ではなくなっています。そこで、'12年版からは、表紙以外で使われている萬田久子あたりと入れ替えるという話が持ち上がっているようです」(前出・映画関係者)

 このように、たかがカレンダーの表紙モデルとはいえ、映画関連については少々状況が違うようだ。
 「女優にとって1つのステータスとなっていますからね。松竹では2年連続で檀れいが登場しないことが分かり、松坂慶子に気を使う同社の思惑やCMの縛りなど、様々な憶測も流れています」

 華やかなポスターの裏では、相変わらず起用を巡るドタバタが終らない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 長澤まさみ CM
  2. 長澤まさみ Instagram
  3. 長澤まさみ キングダム
長澤まさみのプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る 2010年11月29日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「長澤まさみ + 結婚」のおすすめ記事

「長澤まさみ + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「長澤まさみ + 舞台」のおすすめ記事

「長澤まさみ + 舞台」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「北川景子」のニュース

次に読みたい関連記事「北川景子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら