のん “透け下着秘貝見せ写真集”で「あまちゃん」卒業

のん “透け下着秘貝見せ写真集”で「あまちゃん」卒業
(提供:週刊実話)

 能年玲奈から「のん」(23)と改名し、初のCM起用となったLINEモバイルに加え、この4月からは岩手銀行のイメージキャラクターに就任。新人行員の入社式では、同じ制服を身にまとって出席し、その健在ぶりをアピールした。
 「事務所トラブルが長引いているせいもあり、全盛期のような活躍はまだまだですが、確実に状況はよくなっている。通称“いわぎん”は岩手県最大の銀行。地方バンクとはいえ、いいスポンサーがついたと思います」(芸能ライター)

 岩手といえば、彼女の代表作であるNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の舞台にもなった土地。それだけに喜びもひとしおだろう。
 「ただ、'15年に起きた所属事務所との独立問題は、今も係争中です。HPには、いまだ能年玲奈の名前が出ていますから、ドロ沼ぶりが分かります」(同)

 解決もしないまま、彼女は芸名を“のん”に変え、昨年11月に公開されたアニメ映画『この世界の片隅に』に、主演・すず役で出演。同作は『第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞』に選ばれるなど話題となったが、彼女の名は黙殺された。
 「のんは、芸能界の掟破りのレッテルを貼られ、いわゆる干されている状態ですから、金銭で和解するしか打開策はない。最近、彼女も少しずつ理解してきているようで、金策のために活動拠点を広げているそうです。岩手に着目したのも、その一つと考えてもよいでしょう」(スポーツ紙記者)

 また、新情報によれば、今後は関西方面でも活動していくという。
 「もともと彼女は、兵庫県出身。関西には東京圏とは違うテレビ局もあるし、出版社もある。一時、1億円と囁かれた和解金も、もはや半額でも飲むと言われているだけに、関西も視野に入れて活動していく可能性は大きい」(同)

 そしてもう一つ、関西進出には狙いがあるという。
 「ズバリ、写真集出版です。聞けば、すでに脱がせ屋たちが接触しているとか。全裸はNGですが、透け下着での秘貝見せ写真集ならOKのよう。ただ、彼女の要求は1億円以上。ある出版社は10万部、ギャラ4000万円を見積もっているようですが、折り合いがつくか…」(写真集編集者)

 どうせ芸能界から嫌がらせされるのなら、「透け下着秘貝見せ写真集」大放出で芸能事務所、テレビ各局を仰天させちゃえ!
 もう「あまちゃん」なんて呼ばせない“セクシーのん”の誕生だ。東京がダメなら大阪があるさ。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月29日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。