日本シリーズ ソフトバンク×中日の話題をさらった読売陰謀説

 「ご迷惑をお掛けするかもしれませんが…」
 清武氏のクーデター会見が行われる11日の正午ごろ、事前に巨人が中日フロントに“謝罪電話”を入れていたという。

 巨人は日本シリーズを翌日に控えた中日に対し、身内ネタで世間を騒がせることを詫び、これから行われる会見は「巨人とは関係ない。清武個人が…」と説明したそうだ。
 「佐藤良平代表は一定の理解は示したそうですが、割り切れない表情でした」(スポーツ紙記者)

 CSで敗退した読売グループにとって、今回の日本シリーズは完全に“蚊帳の外”だ。各日程の放映振り分けは第1、3戦=フジテレビ系、第2、5戦=テレビ東京系、第4、7戦=TBS系、第6戦=テレビ朝日系と、日テレ系の放送はゼロとなっている。
 「昨季まではシリーズ出場球団の推薦で中継する局を決めていましたが、前回は3試合の中継がない不人気ぶり。今年は代理店に交渉を委託するシステムに改めた。放映権を買い取ったテレビ局は『試合終了まで放送する』事が課せられるため、代理店にはCMスポンサー集めや、放送時間の延長にも対応してもらいます。結果、全試合が中継されることになり、効果があったようです」(球界関係者)

 しかし、「出場球団の推薦を得る」ことに変わりはなかった。日本テレビはライバル・中日グループのドラゴンズから推薦を得られなかったのだ。
 そのため、読売側は表向き中日に謝罪したが、トップニュース欄を奪うため、「あえて清武氏の独断会見を止めなかったのではないか」との見方もされている。

 桃井巨人オーナーは会見当日の午前に「清武GMと電話が繋がらなかった」と話していたが、会見場所はわかっていた。もし本当に止める気があったのなら、文科省に行き、体を張れば事は済んだ。
 結果、シリーズの初戦がスポーツ紙のトップ記事となるはずの13日も、一面のほとんどが『渡辺会長 反論文』だった。
 「'09年のWBC時には選出された選手全員をボイコットさせたにもかかわらず、中日は収益の分配金を受け取りました。選手派遣を拒んで貰うものだけ貰ったわけです」(スポーツ紙記者)

 これにはWBCの国内予選を主催した読売との駆け引きもあったようだが、両球団の遺恨は深まるばかり。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2011年11月25日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。