貞淑美女タレントの性白書 山尾志桜里&豊田真由子 東大卒エリート代議士の“色と欲”下半身(2)

       

 そして、東大法学部卒業後、'02年に司法試験合格。東京地検で検察官として活躍した。
 「まさに才色兼備。高校3年生の9月に裁判を傍聴したのを機に、検察官になろうと決意。東大法学部に進んだのです。大学時代もモテモテで、常に周囲に男がいたそうです。ワイルド系で体格のいい男がタイプだったそうで、これは今も変わりません」(前出・政治ジャーナリスト)

 プライベートでは、東大の同級生でIT実業家の男性と結婚。'11年には長男が誕生した。
 「2人(夫妻)は、彼女が司法修習生時代に“食事会”で出会ったことになっていますが、実は高校時代、2人は同じ路線を利用していて、その頃からご主人は彼女を“かわいいなあ”と思い続けていたようです」(ワイドショー関係者)

 そんな山尾氏を政界に引きずり込んだのが、“剛腕・壊し屋”の異名を持つ小沢一郎民主党代表(当時)だった。
 「その見てくれのよさと経歴に注目したのです。いわゆる“小沢ガールズ”の1人でした」(芸能ライター・小松立志氏)

 '09年、衆院愛知7区で民主党から立候補し初当選。'12年の落選を経て、'14年に再選。'16年、民進党結成時に政調会長に就任した。
 「山尾氏の名前を一躍有名にしたのが、昨年の『保育園落ちた、日本死ね』騒動でした。匿名ブログを国会で取り上げ、安倍政権を舌鋒鋭く追及。“女を上げた”のでした」(前出・政治ジャーナリスト)

 また、党内では“重鎮”たちに抜群の人気を誇ったという。
 「“パトロン体質”とでも言うのでしょうか。小沢さんの後は野田(佳彦)さんに乗り換え、離党前は現代表の前原(誠司)さんにベッタリでした。前原さんが主将を務める野球チームのマネージャーなどをやって、それはそれは蜜月関係にありました。“政界の渡り鳥”と揶揄されながらも東京都知事に上り詰めた小池(百合子)さんの成り上がりぶりに、よく似ていると思います」(前出・ワイドショー関係者)

 そこで、山尾氏の今後だが、どうなるのか。
 「来年の12月までには必ず総選挙がありますが、次回の当選は危ないかもしれません。でも彼女の場合、ワイドショーのコメンテーターとして十分やっていけると思うし、執筆活動や講演をやっても食っていけるでしょう。安藤優子キャスターと並んで報道番組をやってみるのも面白いと思います」(前出・政治ジャーナリスト)

 彼女の追及はとても厳しそうだ。

当時の記事を読む

山尾志桜里のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「山尾志桜里」に関する記事

「山尾志桜里」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山尾志桜里」の記事

次に読みたい「山尾志桜里」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月29日の政治記事

キーワード一覧

  1. 山尾志桜里 不倫
  2. 山尾志桜里 倉持麟太郎
  3. 山尾志桜里 離婚

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。