芭蕉は痔に悩まされながら『奥の細道』を書いていた

芭蕉は痔に悩まされながら『奥の細道』を書いていた
(提供:週刊実話)

 かの有名な俳人・松尾芭蕉が詠んだ一句を紹介したい。「持病さへおこりて消入計(きえいるばかり)になん」。これは“持病が起こって、あまりにつらくて気を失いかけた”という意味だ。この持病とは、ズバリ痔のこと指しているのである。

 芭蕉は弟子にあてた手紙の中で、しばしば痔のことを書いていた。「痔でたびたび出血する。旅は一旦やめようと思う」

「月見の句会を催したんだけど、痔がひどくて句会どころじゃなかった」。

 あるときなど「人間の人生は50年というけど、私はそのうちの25年をトイレで過ごしたよ」と弟子に愚痴っていたそうだ。一体どれだけひどい痔を患っていたのか…。”

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2018年3月18日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。