渋谷ライブハウス放火未遂犯の止まらない殺人願望

 昨年8月31日、東京都渋谷区の有名ライブハウス「チェルシーホテル」にガソリンを撒いて放火寸前に捕まり、殺人予備などの罪に問われている島野悟志被告(24)。2月3日に開かれた初公判では、同被告の恐るべき“殺人欲”が浮き彫りとなり、司法記者たちを震え上がらせている。
 「大阪で生まれ育った島野は、小5の頃から死体に興味を持ち始め、過去の重大殺傷事件の画像や映像を頻繁に観ていたそうです。そのうち『いつか自分も…』と“殺人願望”を抱くようになったらしく、同居していた兄も『ネットで人や動物が死ぬシーンばかり観てた』と回想していました」(傍聴した記者)

 ついに'05年には大阪府東大阪市で男児(4)をハンマーで殴打して重症を負わせ、当時17歳だった島野被告は殺人未遂容疑で少年院送りとなっている。
 「出所後は通信制高校を卒業し、ゴミ処理会社に就職。更生への道のりを順調に歩むかと思いきや、無断欠勤を咎められた事がキッカケで昨年8月、会社をあっさり退職。そのまま失踪を決意した島野は、『香川にうどんを食べに行く』と両親にウソをついてまで上京しています」(同)

 その後、過去に発生した凶悪事件の現場などを歩きながら『公園にいるカップルを橋から落とそう』『妊婦を殺そう』など、物騒な想像を巡らせていたというが、事件直前になって放火殺人を思いついた。
 『新宿や渋谷で事件を起こすと注目される』との理由で目標を渋谷のライブハウスに定め、ガソリンや催涙スプレー等を準備。バケツに入れたガソリンをフロアに置いたところで怪しまれ、店長らに取り押さえられたが、その際、島野被告はバケツを蹴り、フロアにガソリンをぶちまけてから「殺してやる。自分も死刑になるんだ!」と叫んだという。
 逮捕当時の取り調べでも「死にたいが、自殺するのはもったいない。悪い形でも注目されたかった。大勢を巻き込んで派手に死にたいと思った」と語っていたが、現在も反省なし。「出所したら、大人しく自殺で人生を終わらせようと思ってるが、自殺できなければ、また人を殺そうとするかもしれない」と、次なる犯行まで匂わせる始末だった。

 “殺人欲”を満たす事ができなかった不満の表れのように、終始しかめっ面を見せていたが、こんな男が数年後に自由を与えられるのかと思うと背筋が凍る。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2012年2月28日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら