歴代№1“相棒”を勝ち取った反町隆史&水谷豊のコンビ愛

歴代№1“相棒”を勝ち取った反町隆史&水谷豊のコンビ愛
(提供:週刊実話)
       

 テレビ朝日が、10月から人気ドラマ『相棒』のシーズン17を2クール放送することを発表した。水谷豊(66)演じる特命係の警部・杉下右京と、反町隆史(44)演じる4代目相棒の巡査・冠城亘のコンビは4年目を迎えるが、これは『相棒』にとって、異例の出来事という。
「初代・亀山薫を除く歴代の相棒は、全員3シーズンで卒業を迎えているからです。これは、本当にものすごいこと」(編成幹部)

 今回、反町が前例を破ってまで続投になった理由は、“ミスターテレ朝”の異名を誇る、水谷の特命があったからだという。
「当初、テレ朝サイドの番組スタッフは、マンネリ感を嫌い、降板させる方向で一致していたんです。プランは二つありました。一つは殉職、もう一つがアメリカFBIへの留学です。話し合いの結果、留学という方向で一度は決着したんです」(制作関係者)

 そのジャッジに異を唱えたのが水谷だった。
「それこそ、顔を真っ赤にして大反対したんです。歴代“相棒”の中で反町とは本当に息がピッタリですからね。コンビを組んだ当初は、『彼は間が悪い。僕との絡みを極力、少なくして欲しい』と監督にオーダーが入っていた。でも、最近は『彼とのシーンを、もっと増やして』とお願いされるんです」(芸能プロ関係者)

 もっとも、当の反町はそんな水谷の心中を察しているのか、オフでも収録現場にフラッと現れるという。
「近所まで偶然来た、と言って顔を出す。ミエミエの嘘をつくんです。水谷はそんな反町が可愛くて仕方がない。最近は反町が、冗談でタメ口を叩いても、笑って聞き流しているんです」(スタッフ)
 当然、出演料も大幅にアップしたという。
「シーズン14は150万円。その後、シーズンごとに出演料が上がり、今回の17から250万円になった。まあ、水谷の半額ですが、テレ朝ではトップクラスに入るギャラの高さ」(ドラマ関係者)
 いったい、何シーズンまで記録を伸ばすのか。

当時の記事を読む

反町隆史のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「反町隆史」に関する記事

「反町隆史」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「反町隆史」の記事

次に読みたい「反町隆史」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 反町隆史 ジャニーズ
  2. 反町隆史 ドラマ
  3. 反町隆史 松嶋菜々子

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。