畠山愛理vs黒木華 NHK好み日本風美女は「巾着名器」②

畠山愛理vs黒木華 NHK好み日本風美女は「巾着名器」②
(提供:週刊実話)

 ノーパンで臨んだ着物演技

 もう1人は女優の黒木華(くろき・はる)で、1990年3月14日生まれの28歳だ。

「今年の大河ドラマ西郷どん』にも出演していますし、一昨年の『真田丸』にも出ていました。その他、朝の連続テレビ小説、連ドラ等々……NHKには、なくてはならない存在です。そういえば、畠山と黒木の2人、雰囲気がよく似ていますね」(前出・芸能レポーター)

 その黒木、主演映画『日日是好日』(東京テアトル・10月13日~)で“初めての体験”をしたという。
「今まで色々な役を演じてきた黒木でしたが、今回のテーマの茶道は初めて。ということで、表千家に1カ月通ったそうです。足がしびれて動けない経験も、しっかりやったそうです」(トーク番組関係者)

 もちろん、着物姿での出番も多く、こんな裏話も。
「下着のラインが見えてはいけないということで、スタッフには内緒で、“ノーパン”で撮影に臨んだようです。黒木の女優としての矜持を感じさせるエピソードだと思います」(芸能関係者)

 この他にも、『散り椿』(東宝・9月28日~)、『億男』(東宝・10月19日~)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(20世紀フォックス映画・KADOKAWA・11月1日~)と、映画に出まくる黒木だが、なんと秋ドラマにも出演しているのだから恐れ入る。

「『獣になれない私たち』(日本テレビ系・10月10日~)で、ヒロインは新垣結衣。黒木はヒロインのストレスの原因となる謎の女を演じています」(ドラマ制作スタッフ)

 もし女優になれなかったら、幼稚園の先生になりたいと思っていた黒木。
「“華”は本名。両親が“華やかな人生を送るように”と付けました」(映画製作関係者)

 演劇が盛んな高校を経て京都造形芸術大学映画学科俳優コースに進学した黒木は、劇作家の野田秀樹氏と出会う。
「2年生の時、野田氏が大阪で開いたワークショップ(劇団や公演とは関係なく俳優やスタッフが集まり、自由な形と発想で演劇の稽古をする催し)に参加。ひと目で、野田氏に気に入られたのです」(演劇ライター)

 野田氏は黒木を「色がないという色。色のない女優です」と絶賛した。
「公だけでなく、かつて私生活でも親密だった大竹しのぶと黒木がオーバーラップしたようです」(舞台関係者)

 そして、2010年6月の舞台『ザ・キャラクター』(野田秀樹作・演出)でデビューした。

 その後、NHK朝の連続テレビ小説『純と愛』、連ドラ『リーガルハイ』(フジテレビ系)、映画『舟を編む』などに出演。一気に知名度を上げた。
吉高由里子がヒロインを務めたNHKの朝ドラ『花子とアン』にも出ていたし、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を2年連続で受賞したりもしました。2年連続は、他に余貴美子しかいません。2人だけです。優秀主演女優賞も受賞済みです」(映画ライター)

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2018年11月4日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「浅尾美和」のニュース

次に読みたい関連記事「浅尾美和」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤美希」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤美希」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。