衝撃告白!「出産でIカップに」国宝級ワカパイ伝説

衝撃告白!「出産でIカップに」国宝級ワカパイ伝説
(提供:週刊実話)

 「もともとFで、大きい人は大きくならないって聞いてたんですけど、IかJぐらいに…」
 と衝撃の発言をしたのは、女優・井上和香(38)。

 10月17日放送の『今夜くらべてみました 豪華女子会SP』(日本テレビ系)で、'15年の出産、授乳時に自慢のバストが超爆乳化していたことを明かしたのだ。

 「グラビア活動で人気を博した'00年代はじめ、マリリン・モンローと同じスリーサイズから“和製モンロー”と称され、あまりに魅力的な極上バストに“ワカパイ”というニックネームがついたほどでしたが、また新たなおっぱい伝説が加わりましたね」(芸能記者)

 和香のデビューは、'02年。22歳の遅咲きデビューであったが、10代の若いグラドルにないセクシーなフェロモンがあふれ、瞬く間に、テレビで見ない日はないほどの人気者となった。

 「芸人相手にも物怖じしないトーク力もあり、島田紳助内村光良もメロメロになり、あらぬ関係がされたこともありました。番組内でも、その爆乳ぶりはよく話題にされ、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演したときは、隣に座っていた鈴木紗理奈が思い切り鷲掴みし、“あぁ~、柔らかい”と大興奮してモミまくり。他の番組でも、里田まいが『どの角度からもいける!』と感激してモミモミ。日テレ時代の西尾由佳理も、『柔らかくて弾力がある』と大絶賛したことがありましたね」(アイドルライター)

 デビューが遅くなったのには、こんな理由があった。
「芸能界志望で、高校は優香も通った日出女子学園高校(現・日出高校)に通っていましたが、料理人の父親が大病を患い、卒業後はその治療費を稼ぐために六本木のキャバクラに勤務。その美貌と爆乳でナンバーワンになったそうです。治療がひと段落すると、和香は満を持して芸能界へ。キャバクラでオヤジ転がしトークの腕を上げたことが、バラエティー番組でも大いに役に立ちましたね」(前出・芸能記者)

 ちなみに、あの爆乳は母親で元女優の嵯峨京子さん('14年に死去)譲り。
「“自分のブラを、母が勝手に使っている”とネタにしていたこともありました」(スポーツ紙記者)

 授乳後はしぼんで「急激なウオータースライダーみたいな胸」になってしまったというが、それでもいいから、国宝級のワカパイを拝ませてはくれまいか!

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 井上和香 Instagram
週刊実話の記事をもっと見る 2018年11月4日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「井上和香 + Instagram」のおすすめ記事

「井上和香 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あびる優」のニュース

次に読みたい関連記事「あびる優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「おかもとまり」のニュース

次に読みたい関連記事「おかもとまり」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。