酒井法子 “自宅立ち退き騒動”でいよいよヌード写真集か

酒井法子 “自宅立ち退き騒動”でいよいよヌード写真集か
(提供:週刊実話)

 のりピーこと酒井法子(47)が金欠のため、自宅の立ち退きを拒否しているという。これまで何度もヌード発売寸前までいったが幻の連続。今回はさすがに“ヌード”確実の様相だ。

 「酒井はこれまで経済ピンチの際、何度かパチンコ店の営業で乗り切ってきました。パチンコ店では、特設ステージで2~3曲歌えば約100万円の報酬。それを、1日2店舗こなすこともあったといいます。しかし、プライドが高い彼女だけに、イヤでイヤでしょうがなかったという話も伝わっていた。最近は、ほとんど営業をしていなかったようです」(芸能プロ関係者)

 そんなのりピーに突然、噴出したのが自宅の立ち退き話。現在、彼女はT社が所有するビルの一室に住んでいるが、その会社が金銭問題で売却予定。しかし、のりピーが出ていかないために、家主から提訴されたのだという。

 「酒井は'09年に覚せい剤で逮捕された時、そのビルの一室を提供し、支援したのがT社の元会長です。元会長はすでに亡くなっていて、今は長男が継いでいる。さんざんお世話になった人物の息子さんに、恩をアダで返すというのも、どうかと思います」(同)

 なぜ、のりピーは出ていかないのか?
「ずばり、先立つものがないのでしょう。粘れば立ち退き料の増加もあるかもしれませんからね。ただ、裁判が表面化したことで、ただでさえイメージの悪い彼女が、もっと悪くなってしまった」(写真誌記者)

 確かに、彼女のフトコロ事情は芳しくないようだ。所属事務所のホームページを見ても、地方のイベントが月に1~2本ある程度。

 「もう50歳手前。さすがにファンも減る一方でしょう。第一、介護福祉士になると宣言したものの、嘘だったことがバレたことで、評判も末期的。コンサートをやろうにも協賛がつかないだろうし、当然、新曲も出せない。生活が苦しくなってもおかしくない」(同)

 しかし、彼女にはとっておきの奥の手がある。以前から騒がれているヌードだ。

 「彼女は股間に蝶の入れ墨を入れているとされ、それが原因で、写真集の出版を躊躇しているとか。ただ、足を開くと蝶が羽ばたいているように見えるタトゥーを見たいという声も多い。今回の裁判を知った大手出版社が、さっそくオファーをかけたといいます。ご開帳なら40万部は堅い」(写真集編集者)

 蝶をチョー見たい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2018年11月14日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「高部あい」のニュース

次に読みたい関連記事「高部あい」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。