総勢100人! 女優ヌード50年史名場面(前編)

 これまで、多くの女優がヌードになっているが、40年代生まれの中でも鮮烈だったのは、『ウルトラセブン』(TBS系)のアンヌ隊員として、子供から大人にまで知られる女優となったひし美ゆり子(71)だろう。
 「外部に出さないことを約束し、個人的な記念のつもりで撮ったヌード写真が週刊誌に流出し、これをきっかけに全裸もいとわぬセクシー路線に走った。のちに成人映画や『新仁義なき戦い 組長の首』などでも美体を披露。キレイなお姉さんの“大人の裸”の見本のようなパンッと張り詰めたDカップ美乳こそ、生涯最高の裸体という60代男性も少なくないのではないでしょうか」(芸能記者)
 また、倍賞美津子(72)の’79年の出演作の映画『復讐するは我にあり』での爆乳ぶりもたまらなかった。
「混浴露天風呂で、三國連太郎に後ろから推定Gカップ乳を揉みまくられます。本気になった三国が、なんと賠償のアソコに指を突っ込んだという都市伝説もあるくらい、たまらんおっぱいでしたね。また、’87年には、『女衒ZEGEN』で、緒形拳と全裸で激しく絡んでいます」(同)
 由美かおるの出世作となった映画『同棲時代』の主題歌を歌った大信田礼子(70)は、同曲の作曲家・都倉俊一との離婚をきっかけに、日活ロマンポルノ『ジェラシー・ゲーム』に出演。かつて「ミス10代コンテスト世界大会優勝」を果たした美裸身を披露した。
「離婚の原因は、都倉のもとにレッスンを受けに来ていた山口百恵と都倉の行きすぎた歌唱指導の現場を目撃したことだというもありましたね」(同)
 現在、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)など、バラエティー番組で引っ張りだこのデヴィ夫人(78)は、’84年、『GORO』の創刊号でヌードを披露。さらに’93年、53歳にして突如としてお色気ハッスルの確変状態となり、ヌード写真集を発売した。
「さすがに肌の張りはなくなったものの、スカルノ大統領だけでなく、アラン・ドロンや津川雅彦も夢中になった日々を想像するに十分な美巨乳ぶりで、乳首は素肌に溶け込むような薄ピンクでした」(出版関係者)
 どんなヌードであっても、見せてくれたことが奇跡です。ヌードな美女たちに、改めて感謝と賞賛の拍手を送りたい。

 50年代生まれの美女たちが、まだ若手女優だった70~80年代は、女優は脱いでこそ一人前といういい時代。主演級女優の多くが、その美しい体を世の中に晒してくれた。
 その中でも、70年代の若者たちの心と股間を強烈にジャストミートした1人が、’73年の映画『同棲時代』で鮮烈ヌードを見せた由美かおる(68)だろう。
「西野バレエ団で鍛えた美ボディーはツンと上向きの推定Dカップ。頂点で上品に佇むピンク色の乳首、プリンと引き締まったヒップも素晴らしかった。彼女は、同年の映画『しなの川』でもヌードを披露。お下げ髪の彼女の川での全裸シーンは、まるで妖精のようで、この世のものとは思えない美しさでしたね。また、翌年にSF映画『エスパイ』で見せたヌード&ダンスで70年代のセックスシンボルになりました。今もスタイルは変わっていないのが、すごい」(映画ライター)
 ’74年の映画『聖獣学園』でフルヌードになった多岐川裕美(67)も、妖しい眼差しと、むっちりボディーが放つただならぬ色気で、世の男性をエレクトさせた。
「修道院を舞台に、登場する修道女の多くがヌードになりますが、若い多岐川の白く輝くムチムチとした裸体は別格のエロさでした。トゲがあるバラのツルでグルグル巻きにされて拷問を受けるシーンでは、その間から推定Dカップの美乳がはみ出して、血に染まっていくのが興奮もの」(同)
 今や優しいお母さん役がピッタリの田中美佐子(59)も、’82年のデビュー作映画『ダイアモンドは傷つかない』では、出し惜しみ一切なしのヌードシーンが満載だった。
「草原で着物を脱がされ、激しく揉まれ、舐められてしまうバストは、推定Cカップ。透き通るように白い肌は、なんともはかなげ。薄幸そうな雰囲気が男のS心を刺激する、とってもエロチックな裸でしたね」(前出・芸能記者)
 ’83年には『丑三つの村』で古尾谷雅人に夜這いをかけられ、’85年の『鑓の権三』でもバストトップを晒してくれたが、その後、ヌードの仕事が嫌で芸能活動を一時休止しているから、逆に見たくなるのである。
 あの、『ダウンタウン松本人志も夢中になったというのが、水沢アキ(64)の’86年『GORO』で発表されたTシャツヌードだ。
「ビーチの波打際で、濡れて張り付いたTシャツから透ける特大マンゴーのような巨大な乳房が、丸出しよりも見る者のエッチな想像をかき立て、当時の若い男性を惹きつけました」(グラビアカメラマン)
 この水沢をはじめ、巨乳美女が豊作なのも、50年代生まれの特徴か。
「紅白常連歌手だった小柳ルミ子(66)が’83年の映画『白蛇抄』で見せたFカップ爆乳のインパクトは絶大。滝壺での長襦袢ヌードは、日本映画史に残る、エロ美しい名場面です。彼女はこの作品で、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しました」(前出・映画ライター)
 また、かたせ梨乃(61)の爆乳濡れ場は、映画『極道の妻たち』シリーズに欠かせない最大の見どころともなった。
「何と言っても’86年のシリーズ1作目。世良公則とのアツすぎるファックシーンが最高です。白いブラウスを引き裂かれ、踊るように飛び出すGカップ乳。爆乳を揉まれ、吸われながらの突き上げに、絶頂を迎えると同時に鉄砲玉に撃たれてしまいますが、それでも世良は、まだかたせの乳房に吸い付こうとする。それも納得の、魅力的すぎるバストでした」(スポーツ紙映画担当)
 伝説の美女優・夏目雅子(享年27歳)は、’82年の映画『鬼龍院花子の生涯』でのヌード披露が有名だが、実は、’80年のNHKドラマ『ザ・商社』でも裸になっている。
「山崎努の目の前で、体に巻いていたバスローブをはらりと落とすと、なんとその中は真っ裸。純白の柔肌とツンと上を向いた神々しいばかりの美乳が画面に現れたかと思ったら、ドラマは終了。大変な話題を呼びました」(映画評論家)
 いい時代であった。

 伝説の80年代アイドルや、今も現役で活動する美熟女女優たちが生まれた60年代。数々の映画やグラビアで、彼女たちの美ボディーは、世の男性の心を鷲掴みにしてきた。
 80年代に、セックスシンボルとして君臨したのは、美保純(58)だった。
「日活ロマンポルノでデビューし、’82年の『ピンクのカーテン』で、そのコケティッシュな魅力が開花し大ブレーク。ブルーリボン賞新人賞を獲得しました。Cカップほどのリアリティー溢れるおっぱいながら、カラッとした脱ぎっぷり、きっぷのよさが持ち味でした」(前出・映画ライター)
 また、現役のNHK朝ドラヒロインの“事件なヌード”で話題になったのは、’82年の手塚理美(57)だ。
「朝ドラ『ハイカラさん』のヒロインを務めていましたが、その放送中にヌード写真集『四色の花火』を発表したんです。『なつぞら』放送中に、広瀬すずがヌードになったようなものですから、さすがにNHKからは大クレームがあったといいます。バストはキレイな推定Cカップ。ビーチでの写真と比較すると、雪の中での写真の乳首は寒さのせいで明らかにギュッと固く尖っているのが確認できます」(前出・芸能記者)
 石田えり(58)、高樹沙耶(55=現・益戸育江)、高橋ひとみ(57)など、デビュー直後から脱ぎまくり、人気女優として息の長い活躍をする女優も多く生まれている。
「石田と高橋は、’83年の映画『ダブルベッド』で、銭湯で背中を流し合い、裸の共演を果たしています。推定Gカップ爆乳を揺らす石田に対し、高橋はA~Bカップでほとんど揺れませんが、それでも腰からヒップにかけての妖しいラインが十分にエロかった。また、高樹はデビュー作となる’83年の映画『沙耶のいる透視図』でいきなりヌードを披露。翌年の映画『チ・ン・ピ・ラ』でもBカップ乳を披露し、世の男性をチンピクさせています」(前出・映画ライター)
 意外性でいうと、’86年『犬死にせしもの』で脱いでいる今井美樹(55)と、『ダウンタウン』浜田雅功の妻・小川菜摘(56)、『元C.C.ガールズ』にして、玉置浩二の妻となった青田典子(51)のヌードモデルの過去だろう。
「『犬死にせしもの』では、砂浜で今井自ら全裸になりしゃがみ込むと、男に胸や股間を覗き込まれ、『(ヘアが)生え揃うとらへん』と言われる超恥ずかしいシーン。白い肌にふっくら可愛らしいBカップが眩しいばかりでした」(前出・映画評論家)
「小川は、テレ朝の深夜番組から生まれたアイドルユニット『オナッターズ』の一員で、下ネタお笑い路線で人気を博し、『GORO』誌上でヌードを披露したこともありました。推定Cカップの男好きするムッチリしたボディーが印象的でしたね」(放送作家)
「青田がヌードモデルだったのは、“森陽子”名義で活動していた’86~’87年。『プレイボーイ』や『平凡パンチ』でEカップの美巨乳を見せていたんです。口に含んで、ちょうどいいサイズのローズピンクの可憐な乳首が、青少年たちを大興奮させていました」(芸能関係者)
 ’89年“貝殻ビキニ”グラビアが話題となり、90年代は毎年のようにヌード写真集を発売し、セクシークイーンとして君臨した武田久美子(50)も忘れてはいけない。
「’89年の写真集で披露した貝殻ビキニで一世を風靡。90年代のヘアヌードブームを、ど真ん中でリードしてきました。E~Fカップのみずみずしい雫のような美巨乳は、大きめの乳輪によってエロさが強調され、絶大な若い男性のオカズ支持率を誇ったのです。写真は、すべて本人がチョイスした納得のいくものばかりだったといいます」(前出・出版関係者)
 そして現在、遅咲きの狂い咲き状態にあるのは、大ヒット、トレンディードラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)で人気女優となった有森也実(51)だ。
「2013年の映画『TAP完全なる飼育』ではBカップ微乳をあらわに騎乗位SEXやオナニーに耽り、’17年『いぬむこいり』では、頭部が犬の“犬男”を相手に、対面座位にバック、ついには放尿クンニまで披露し、興奮して乳首をずっと硬くしているんです」(映画ライター)
 脱いだことのある美女も、そうでない美女も、この有森に続いてほしいものだ!

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年2月4日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「武田真治」のニュース

次に読みたい関連記事「武田真治」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大黒摩季」のニュース

次に読みたい関連記事「大黒摩季」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「氷川きよし」のニュース

次に読みたい関連記事「氷川きよし」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。