総勢100人! 女優ヌード50年史名場面(後編)

総勢100人! 女優ヌード50年史名場面(後編)
(提供:週刊実話)

 1970年代生まれの女優たちのトップランナーは、2003年『ヴァイブレータ』、『赤目四十八瀧心中未遂』、’06年『愛の流刑地』、’10年『キャタピラー』と、ヌードになった映画作品がすべて高評価を受けている寺島しのぶ(46)だ。
「推定Bカップ。決して美人でもスタイルがいいわけでもありませんが、いずれの作品でも体温が伝わってくるかのようで、生々しさ、切実さがたまらなく、見ていると愛おしくなってくる。だからこそ『ヴァイブレータ』のオナニーやフェラシーンに興奮させられてしまいます。『愛の流刑地』で初めて絶頂を経験するシーンの演技も、“本当にイッたのでは?”と思うくらい、鬼気迫るものがありました」(映画評論家)
 ’13年『千年の愉楽』、’16年『シェル・コレクター』など、40代になっても脱いでくれており、裸になっても単発の女優たちの追随を許さない。
 だが、濡れ場の過激さなら、喜多嶋舞(46)も決して負けてはいない。
「’96年公開の『GONIN2』では血まみれ全裸で椅子に縛り付けられ、ゴムの間からひしゃげたF乳が飛び出す過激演技を見せたかと思えば、’07年の『人が人を愛するどうしようもなさ』では、ネオン街の街角で声をかけてきた男たちに身体を売る人気女優役に挑み、完熟巨乳を振り乱し、お腹の妊娠線も隠さずのファックシーンの連続でした」(同)
 だが、この世代で目立つのは、やはりヘアヌード写真集ブームの中で、胸はもちろん、ヘアまで見せてくれた美女たちの存在だ。
 宮沢りえ(45)は、『Santa Fe』(’91年)で売り上げ155万部という、大記録を打ち立てたのは周知の通り。
「大自然の中、日光に照らされて輝くE乳とふんわりヘア。当時、18歳の瑞々しい美肌に浮かぶ産毛までが美しく、まさに天使のヌードでした」(出版関係者)
 また、今や堺雅人夫人の菅野美穂(41)の『NUDITY』(’97年)も大変な話題になった。
「まだ少女の面影を残しながらも、当時、20歳の菅野の、開いたばかりの花が放つような妖しいフェロモンを感じさせる1冊。濡れた髪の中でピンと存在感を見せる乳首は、その頃、交際が噂されたカメラマンのエッチな仕掛けを誘っているかのようで、いやらしいことこの上なかった」(ワイドショー関係者)
 そのほか、裕木奈江(48)の『UNRELEASED FILMS』(’99年)や、葉月里緒奈(43)の『RIONA』(’98年)、井上晴美(44)の『LIVE』(’99年)、小島聖(42)の『West by South』(’99年)らも、ブームの中でヘアヌード写真集を出してくれた。しかし、その中でも、最大級のインパクトを残したのは高岡早紀(46)だろう。
「’94年の映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』の湯女役でいきなり飛び出したGカップ爆乳には、配給会社の試写室で専門家たちも思わず『おぉ~』と歓声を上げてしまったという伝説があります。柔らかそうに弾む美爆乳、ベビーピンクの乳首は、’95年の写真集『one,two.three』で改めて存分に楽しませてもらうことになりました」(芸能記者)
 しかし、巨乳ヌードで忘れてはならないのが、細川ふみえ(47)。’09年に発表したヘアヌード写真集は素晴らしかった。
「’09年の『Fumming』で篠山紀信が非ヌードグラビア撮影中に、こっそり撮りためていた秘蔵ヌード写真をお蔵出しした1冊。元祖巨乳アイドルとして一世を風靡したフーミンのFカップ乳は、意外にも乳首が小さく、ツンと上を向いた上品な美巨乳。アイドル当時に憧れ続けた、40代後半の世代の夢を壊さぬナイスおっぱいでした」(出版プロデューサー)
 この細川のように、どこかに眠っている70年代美女の秘蔵ヌードはまだあるはず。発掘が待たれる!

 大胆ヌードによって、一気にトップ戦線に食い込むのが“成り上がりヌード”なら、その筆頭は、’08年の映画『蛇にピアス』の吉高由里子(30)だろう。
「Bカップほどながら、十分な使用感を感じさせる褐色の先端のポッチは衝撃的。乱暴に扱われてピンと尖らせてしまうあたり、すでにそのボディーは開発済みのようにも見えて興奮しました」(映画ライター)
 真木よう子(36)も、’05年の映画『ヴェロニカは死ぬことにした』が、芸能人生において、大きなターニングポイントとなった。
「月夜に照らされたピアノの前で、Fカップ巨乳を揺らしながらのオナニーシーンは圧巻。自らアソコを激しくまさぐっての生々しい自慰行為に、いやらしすぎると評判になりました」(同)
 だが、一番の成り上がりは、’06年のハリウッド映画『バベル』で本場のアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、一躍、国際女優の仲間入りを果たした、菊地凛子(38)かもしれない。
「自ら裸になって男に迫るシーンで、推定Bカップの純日本人的バストとアンダーヘアまでご披露しました。男の手を取って、下から揉ませて形を変えるおっぱいは、とても柔らかそうでしたね」(情報誌映画担当)
 裸体の美しさなら、’11年『ヘルタースケルター』の沢尻エリカ(32)や、’10年『失恋殺人』の宮地真緒(34)、’14年『海を感じる時』の市川由衣(32)などの映画が際立っていた。
「全身整形美女役にふさわしく、完璧ボディーを見せつける、楽屋での窪塚洋介とのファックが強烈。ピンクの乳首がピョンと飛び出した時、とても“別に”では済まされない感動を覚えました。宮地は、歯科医院での不倫SEXでEカップ美巨乳を激しく揉まれたり、診察台にしがみついての立ちバックを披露するなど、度肝を抜かれるシーンが満載。さらに、市川の大胆さも驚きで、銭湯ではヒップ丸出しの全身ヌードを披露してくれました。特に、目隠しでイタズラされちゃうシーンは最高でしたね」(前出・映画ライター)
 最近は、映画『海辺の生と死』での満島ひかり(33)、『あゝ、荒野』(ともに’17年公開)での今野杏南(29)のサプライズヌードが話題になった。
「満島はドラム缶風呂での行水シーン。体にかけたお湯が月夜に照らされ、Aカップ微乳がキラキラ光るのですが、これに“乳首が黒すぎてリアル”とネット民が大騒ぎした。今野は、たわわなF乳を対面座位で揺らしまくり。ソファに押し倒されても、張りのあるバストは美しい盛り上がりを保ったままでした」(同)
 彼女たちの背中を押したのが、圧倒的な演技力で朝ドラ『まんてん』のヒロインまで射止めた安藤サクラ(32)の存在にあるといっても過言ではない。
「安藤の初脱ぎは、’08年の映画『俺たちに明日はないッス』。“好きだからシテよ”と男に迫るものの、互いに初体験でうまくいかず、安藤が上になって“本当に入るのかなぁ”と、C乳を揺らして腰を沈めていくシーンがエロかったです」(映画担当編集)
 また、80年代後半には、グラビアやドラマ、CMで活躍した美女たちのヌードやAVデビューも目立った。
「嘉門洋子(38)は’11年の『写真集 嘉門洋子』、同年、映画『不倫純愛』でヌードを解禁。’13年にはMUTEKIデビューし、Eカップ美乳と逆立つヘアが印象的。巨乳グラドルだった小向美奈子(33)も、’09年にストリッパーに転身。’11年に『AV女優 小向美奈子』でAVデビューしたスライムG乳のインパクトは絶大でした。また、女優の佐藤寛子(33)は、’10年の映画『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』では、登場シーンのほとんどがヌード。Fカップ美巨乳とクビレがエロすぎると話題になった。岩佐真悠子(31)は、’13年『受難』では猿轡レイプや入浴シーン、全裸での全力疾走など、Eカップ美乳の出し惜しみなし。26歳という、最も美しい時期に脱いでくれたことに感謝です」(同)
 驚いたのは、“ポスト広末涼子”として注目された清純派美少女の後藤理沙(35)が、写真集でF乳&漆黒ヘアをさらし、翌年にはAVにまで進出したこと。
「結婚、離婚とゴシップにまみれたのちに’12年の写真集『LISA GOTO at NUDE』で全裸ヘアを解禁。エロパフォーマンスはこれで終わることなく、彼女もまた、’13年にMUTEKIでAVデビューしたから、たいしたものです」(グラビア雑誌編集者)

 現在、90年代生まれで、演技力にも定評があり、将来の日本の映画界を背負って立つことが期待される人気女優たちが、次々に大胆ヌードに体当たりしている。
 ’18年、最も大きな話題になったのは、映画『リバーズ。エッジ』でまん丸美乳を公開した二階堂ふみ(24)だろう。
「二階堂は、すでに何度も激しい濡れ場を演じており、完脱ぎも時間の問題と見られていただけに、期待値も高かった女優の1人。ついにご開帳されたバストは見事なお椀型にして、その中心の乳首は感度がギュッと凝縮されたように小さく、期待以上のエロい極上乳でした」(前出・芸能記者)
 性欲異常に悩まされる作家に拾われるフーテンのヒロイン役を演じている、手塚治虫漫画原作の『ばるぼら』の公開が今年に予定されているから、早くも2度目のヌードに期待が高まっている。
 また、12月に終了したドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)での聖子ちゃんカットも話題の注目女優、清野菜名(24)は、実は、’14年の園子温作品の映画『TOKYO TRIBE』でバストトップを披露済み。
「当時の彼女は19歳。仰向けでブラを取られた勢いでプルルンと小気味よく揺れるバストは、まだ発育途上にも見える推定Bカップ。先端はキレイなピンク色で、男性経験もそこまで多くなさそうなフレッシュ乳でしたね」(夕刊紙デスク)
 ’14年には、乱交パーティーが舞台の映画『愛の渦』で門脇麦(26)が、また水谷豊と伊藤蘭の娘ということで注目され演技力も評価の高い趣里(28)は、’18年11月に公開された『生きてるだけで、愛。』で、可愛らしいAカップ乳がかすかに揺れる、衝撃の商店街の疾走シーンに体当たりした。
「CM契約を多く獲得することが女優としての成功の指針であった90~00年代、スポンサーが嫌うヌードは敬遠され、女優本人のヤル気があっても脱げない時代が長く続きましたが、時代は変わりつつありますね」(前出・映画ライター)
 ’14年放送のNHK朝ドラ『まっさん』で、太陽ワインのポスターの半裸モデルとしてNHK公認の豊乳グラドルとなった柳ゆり菜(24)も、’18年9月公開『純平、考え直せ』でフルヌードになったばかり。
「国民的Eカップとなっただけに、そうそう脱げないと思われましたが、思いきって見せたEカップ乳は、まさに全男性の理想が具現化されたかのようなお椀型の超美乳。男に舐められ、ついた唾液が光を反射して輝く乳首のいやらしいことといったらもう!」(同)
 彼女たちの女優としての前途は明るい!

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 寺島しのぶ ブログ
週刊実話の記事をもっと見る 2019年2月11日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「寺島しのぶ + ブログ」のおすすめ記事

「寺島しのぶ + ブログ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「安藤サクラ」のニュース

次に読みたい関連記事「安藤サクラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「蒼井優」のニュース

次に読みたい関連記事「蒼井優」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。