落語芸術協会会長就任決定で着手する春風亭昇太の驚きの野望

落語芸術協会会長就任決定で着手する春風亭昇太の驚きの野望
(提供:週刊実話)

 人気落語家の春風亭昇太(59)が6月1日付で公益社団法人落語芸術協会(略称・芸協)の会長に就任する。昨年7月に死去した落語家、桂歌丸(享年81)の後継者として落語界においても認められたのだ。そんな中、漏れ伝わって来るのが昇太の裏の顔だ。

 「落語界で昇太に対し、モノを言える人間は誰もいなくなった。芸協の会長とは、それだけの力があります。今は、コワモテとして落語界では知る人ぞ知る存在なんです」(落語協会関係者)

 芸協の会長に就任した昇太が、さっそく手をつけようとしているのが、落語界に存在する4つの派閥の一本化だという。
「関東の落語界には落語芸術協会、落語協会、円楽一門会、立川流の4つの派閥が存在する。一つにまとまればそれだけ発言力も増すのですが、真打昇進に際し、師匠筋に発生する金銭の授受などの問題から、なかなか一本化できないんです。実際に、この派閥の流れは昇太が司会を務める『笑点』にも存在します。メンバーになればチケットの売れ行きが全く違ってきますからね」(落語事情通)

 金の成る木と称される『笑点』メンバーだが、
「昇太が新会長となる芸協系から三遊亭小遊三、落協系から林家木久扇たい平に三平、一門会系から三遊亭圓楽と好楽がそれぞれ選別されています。なんでも昇太はこの『笑点』のレギュラー枠をうまく利用して、一つにまとめ上げようとしているんです」(同)

 『笑点』の司会に加え、新たな権力を手にする昇太。年収も右肩上がりだ。

 「『笑点』司会で年収3000万円~。他にタレント業で年に3000万円~。落語家として2000万円~。他にCMなど、なんだかんだで年収は1億円を優に超えます」(落語関係者)

 気になる芸協会長の報酬といえば…。
「実は0円。そもそも会長職は、お金に換えられない旨味と権力がある」(同)

 参院選出馬の話も飛び交っているだけに、今後の展開から目が離せない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年4月6日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。