萩原健一追悼 女優A「前貼りなし」本番秘話

萩原健一追悼 女優A「前貼りなし」本番秘話
(提供:週刊実話)

 ロックンローラーの内田裕也さん(享年79)とは双璧の破天荒さで昭和、平成時代を駆け抜けた“ショーケン”こと萩原健一さん(本名・敬三)が、3月26日、消化管間質腫瘍のため都内の病院で死去した。68歳だった。“芸能界一の問題児”と呼ばれた萩原さんは、内田さんが亡くなった9日後に人生の幕を下ろした。

 萩原さんは高校在学中にスカウトされ、『ザ・スパイダース』の弟分的位置づけの『ザ・テンプターズ』ボーカルとして1967年デビュー。『忘れ得ぬ君』『エメラルドの伝説』『神様お願い!』など次々ヒット曲を飛ばし大人気を博した。

 『ザ・テンプターズ』解散後の1970年初頭には、『ザ・タイガース』沢田研二、岸部一徳、『ザ・スパイダース』井上堯之らが集結し、オールスターグループ『PYG』(ピッグ)を結成したが、それぞれ人気者であるがゆえにソロ活動が増え、自然消滅した。

 「グループサウンズで一世を風靡したショーケンはその後、俳優に転身した。斬新な演技でドラマや映画で活躍し、晩年はいぶし銀の演技力で新境地を切り開いた。一方で、他人の演技に厳しく、エキセントリックな性格だったから、共演者には密かに恐れられていたんです」(ドラマ関係者)

 俳優業に力を入れ始めた萩原さんは『太陽にほえろ!』(’72年、日本テレビ系)のマカロニ刑事役で一気に話題をさらった。『傷だらけの天使』(’74年、同)では、共演の“相棒”水谷豊が「アニキ~」と連呼する場面が伝説として語り草になっている。

 映画では『青春の蹉跌』(’74年)でキネマ旬報最優秀主演男優賞を受賞、『恋文』(’85年)で日本アカデミー賞優秀男優賞など数々の映画賞に輝いている。

 「一昨年に芸能生活50周年を迎えたショーケンは、自ら原案を手掛けた『明日への誓い』(’18年3月25日放送、テレビ朝日系)で2年ぶりのドラマ出演を果たした。数多くの映画監督やドラマのプロデューサーから絶賛されていた演技力は衰えていなかった。それどころか、年を重ねるごとに深みが増していた」(映画製作関係者)

 “芸能界一の問題児”とされる萩原さんの私生活は、女性関係、ドラッグ、暴行事件などトラブルには事欠かなかった。

 「内田さんより芸能界では活躍しましたが、私生活では内田さん以上にハチャメチャな人生を送ってきたんです」(夕刊紙記者)

 内田さんは不倫を数々したが、機転の利いた妻・樹木希林さんのおかげで離婚歴はなし。萩原さんは4回結婚しているバツ3だ。

 まず、’75年にモデルの小泉一二三と結婚、女児を授かったが、3年で離婚。
「その後、女優のいしだあゆみと’80年に結婚したんですが、4年で破局したんです。ショーケンは“共演者キラー”と言われて、女優との噂が絶えませんでしたね」(女性誌記者)

 当時を知るベテラン映画関係者は「若手の女優はショーケンのある強要にビクビクしていたんです」と意外な事実を打ち明ける。

 「ショーケンは濡れ場のシーンになると“リアリティーを出さないといけない”として前貼りなし。本番を拒否すれば無名の若手女優などすぐ降板させられる。女優Aらは泣く泣く受け入れていましたよ。今の時代だったら、セクハラどころか強制性交で訴えられてもおかしくありません」

 闇に葬られた拉致暴行事件

 ’85年11月には、アントニオ猪木の妻で女優の倍賞美津子と不倫密会。現場を押さえようとした写真週刊誌の記者とカメラマンに暴行を働いたとして、書類送検された。

 「その後も、ショーケンは同様の暴行を働いているんです。’85年に公開された映画『恋文』の打ち合わせを新宿区内の旅館で倍賞、監督らとした際、張り込んでいた週刊誌の記者を拉致して暴行を加えているんです。これは事件化していません。ショーケンの暴力沙汰は日常茶飯事だったんです」(フリーライター)

 萩原さんの警察沙汰になった事件は他にもある。’83年、大麻取締法違反容疑で逮捕。翌’84年には飲酒運転で人身事故を起こして業務上過失傷害。さらに’04年、再び人身事故を起こし現行犯逮捕されているのだ。

 「俳優として致命的だったのは、’04年に公開された映画『透光の樹』の降板事件ですね。同映画の撮影中にショーケンが共演者やスタッフに暴言を吐いたり、暴力を振るったため途中降板させられた。プロデューサーが出演料の半分の返却を求めたところ、ショーケンは逆ギレ。実在する暴力団の名前を出して脅かし、恐喝未遂容疑で逮捕されたんです」(映画関係者)

 萩原さんは活動休止。製作サイドとトラブルを起こしたことで、映画やドラマ関係者から「ショーケンは怖くて使えない」というレッテルを貼られ、芸能界から長らく干されていた。その間、3度目の結婚相手との離婚を経て、’11年にモデルで12歳下の冨田リカと結婚した。

 「リカさんの応援もあって、3年前にNHKBSプレミアム『鴨川食堂』の準主演に抜擢されたんですが、エキセントリックな性格は変わっていませんでしたね。ショーケンのシゴキに遭った某俳優が降板していますから。しかし、12年ぶりのドラマ出演なのに抜群の存在感を示したのはさすがプロ」(前出・ドラマ関係者)

 昨秋、NHKで放送された連続ドラマ『不惑のスクラム』では、がんに侵された老ラガーマンを好演、いぶし銀の演技を披露した。

 「あの時、ショーケンは自分自身もがんと闘っていたんですよ。芸能界一の問題児でしたが、役者に対する執念を感じました」(知人の映画プロデューサー)

 ショーケンは最後まで“傷だらけの天使”だった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年4月9日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「林遣都」のニュース

次に読みたい関連記事「林遣都」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「片岡鶴太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「片岡鶴太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「稲葉友」のニュース

次に読みたい関連記事「稲葉友」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。