酒井法子“ピエール瀧逮捕”のせいで遠のいた念願の『地上波完全復帰』

酒井法子“ピエール瀧逮捕”のせいで遠のいた念願の『地上波完全復帰』
(提供:週刊実話)

 2009年に薬物事件で逮捕された酒井法子が去る3月、テレビ東京系の特番『THEカラオケ★バトル―またそれやっちゃう? あの大ヒット曲、ご本人は何点出せるのかSP!―』に登場。約11年ぶりの歌番組出演となった。

 これをキッカケにして、酒井は本格的に地上波復帰を目指していたのだが、偶然にも放送前にピエール瀧被告が麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。再び薬物芸能人がクローズアップされ、酒井の起用にテレビ局も二の足を踏んでいる。

 酒井にとっては念願のキー局出演だった。覚醒剤事件の影響はあまりにも大きく、番組スポンサーが敬遠するため、有罪判決後はほとんどテレビ画面に登場することはなかったからだ。

 「13年には関西テレビ制作の『さんまのまんま』でバラエティー復帰を果たすも、関東では放送されないということもあった。パチンコ店の営業などで稼いでいましたが、やはり酒井本人はテレビ復帰を目標にしていました」(芸能関係者)

 先のテレ東の特番出演については、事務所の人間ともども大喜びだったという。

 「“地上波キター”みたいな感じでした。『頑張らせていただきたいです』と大喜びの酒井は、ヒット曲『碧いうさぎ』を歌唱。さらに『がんばるピー!』と、のりピー語まで披露して必死にサービスしていました。今後のオファーにつなげたかったのでしょうが…」(同・関係者)

 運が悪いと言うべきか、直前になって瀧被告の事件が起きてしまった。

 「テレ東が先陣を切ってくれたので、他局も起用しやすい土壌はできていました。歌番組では昔とほとんど変わらない、とても48歳とは思えない美貌を見せていただけに、多くの番組がオファーを出そうとしていたのです。しかし、ピエール瀧の逮捕があって、各番組ともトーンダウン。またまた世間が芸能人のクスリに興味を持つようになったので、どうしてもそのイメージが強いのりピーの起用が難しくなってしまいました」(キー局関係者)

 事件後は舞台やディナーショー、パチンコ営業など全国を回っている酒井だが…。

 「本人は事件前のように、再び表舞台でスポットライトを浴びたいと考えています。今回の歌番組出演を足掛かりにする腹づもりだっただけに、悔しさはひとしおでしょう」(同・関係者)

 運に見放されたのりピー。元号が「平成」から「令和」に代われば、また何かきっかけをつかむことができるかもしれない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

酒井法子のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る 2019年4月9日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジェジュン」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェジュン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「田中聖」のニュース

次に読みたい関連記事「田中聖」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「チャン・ツィイー」のニュース

次に読みたい関連記事「チャン・ツィイー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。