『NGT48』余波! 安泰だったはずの「坂道グループ」にもキナ臭いウワサが…

『NGT48』余波! 安泰だったはずの「坂道グループ」にもキナ臭いウワサが…
(提供:週刊実話)

 新潟を拠点とするアイドルグループ『NGT48』は、山口真帆への暴行事件をきっかけに大混乱に陥っている。秋元康氏がプロデュースするアイドルグループでは、この「NGT48」だけでなく、他の48グループも停滞感は否めずに存在感がどんどん薄れる一方で、救いは「坂道グループ」だったのだが…ここにきて『欅坂46』内でのイジメ問題が発覚。いよいよ崩壊が始まったと見る向きも多い。

 山口への暴行事件に関して、グループを運営する『AKS』の幹部が第三者委員会の報告書をもとに会見を開いていたところ、山口がツイッターで猛反論したことは記憶に新しい。「NGT48」はメンバー間の不仲を解消するためにチーム制を廃止するなど、活動再開に向けて動いているが、ファンや地元である新潟の信頼を完全に失っており、先行きは全く見えない。

「NGT48のCDを発売するレーベル、ソニーミュージックは撤退する意向のようです。春にニューシングルが発売予定でしたが、白紙に戻しました。もうレーベルとしてサポートするつもりはないようです」(レコード会社関係者)

 ソニーが「NGT48」をあっさり見切れるのも、「乃木坂46」、「欅坂46」、「日向坂46」と絶好調の坂道グループを抱えているからだ。

 「秋元さんが48グループより坂道グループを優先しているのは、誰もが知っている話。ただ乃木坂、欅坂は人気メンバーの卒業が相次いでおり、先行きはかなり不透明。各グループが何かしらの問題を抱えていますからね」(芸能関係者)

 坂道グループの中で“火薬庫”といわれているのが「欅坂46」だ。昨年は今泉佑唯らが卒業、今年に入って長濱ねるが卒業発表と人気メンバーが続々といなくなる緊急事態だ。

 「週刊文春デジタルは、今泉がグループのメンバーから陰湿なイジメに合っており、それが卒業の理由だったとスッパ抜いた。欅坂はグループ内でギスギスしており、長濱が卒業する理由にもなった。このままでは第二のNGTになりかねません」(同・関係者)

 人気の高さばかりが報道される坂道グループだが、足元はかなりグラついているようだ。

 囁かれている“危機”を乗り越え、何とかガンバってほしいものだが…。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年4月16日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュース

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。