メディアも取り上げた「元ヤンキー東大卒起業家」の経歴が全部ウソだった!

 ショーンKもビックリだ。元不良から東大を卒業し、17社を起業したとして話題の起業家・塚本廉氏の経歴が、すべて“嘘”だったことが判明し、ネット民をざわつかせている。

 塚本氏はこれまで「オレが1時間ほど思考すると、300億円の経済効果が生まれる」などと豪語し、ビジネスセミナーを開講。トルコ親善大使、グローバル企業家など数々の肩書を掲げて、ニコニコ生放送の『若者超会議』などで講演を行うなど、ネット上ではかなりの有名人だった。

「塚本氏は過去に複数のメディアの取材に応じ、“元暴走族”“茂木健一郎氏と出会って2011年に東大に進学”“イスタンブール大学に進学”“孫正義からMITを勧められた”など、華麗なる経歴を披露していました。また、経歴を詐称するために、東大の卒業式に紛れ込んだり、東大前の定期券をネット上にアップするなど、かなりの手の込みようでしたね。通常は嘘の肩書で情報商材ビジネスに手を染めるのですが、塚本氏の場合はそういった情報もなく、そもそもの動機が不明です。己の“虚栄心”を満たすために嘘の上塗りを続けていたのかもしれません」(ネットウオッチャー)

 数々の嘘が判明したことで観念したのか、塚本氏は4月17日、自身のツイッターで謝罪文を掲載している。

https://twitter.com/_xReNx_/status/1118421727359324160

 これを受け、ネット上では、
《ここまで嘘を重ねる人ってもはや病気だよね》
《うわー、ちょっと信じてたよ、くそ!》
《こいつを取り上げたメディアも責任あるんじゃないかな。騙さた人かなり多そう》
《不良から成功ってありがちな設定でしたね》
 など、非難のが吹き荒れている。

「ネット上では現在、塚本氏の嘘が次々と暴露されています。本人は『本当は中卒、ニートであり事業もこれ一つありません』とツイートしていますが、実際は文京学院大学に在籍していたという目撃情報もあり、この期に及んでさらに嘘をついている可能性もあります。とんでもない話です」(同・ウオッチャー)

 現在のところ、金銭的な被害は出ていないようだが、塚本氏を信じて起業を夢見ていた若者も多数いる。彼らの夢を欺いたことは決して許されることではない。

 インターネットの闇は深い。これからは真贋を見極める目が重要になっていくだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ショーンKのプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る 2019年4月19日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「安藤優子」のニュース

次に読みたい関連記事「安藤優子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「久米宏」のニュース

次に読みたい関連記事「久米宏」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら