100作目朝ドラ絶好調 広瀬すず「禁欲生活」ロケ現場

100作目朝ドラ絶好調 広瀬すず「禁欲生活」ロケ現場
(提供:週刊実話)

 記念すべき100作目となるNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』のヒロイン・広瀬すず(20)。視聴率も4月1日スタートから20%以上を連発し、まずはひと安心といったところだが、主演の広瀬はストレスで爆発寸前なのだという。

 「禁欲生活と先輩女優のシゴキにとことん追い込まれ、限界に達しようとしている。その反動からですよ。まるで繁殖期のメス猫のような…あるいは獲物を狙うメス豹のような雰囲気を醸しながら、共演するある特定の男優に近づいては“キャッ、キャッ”と騒いでいるんです。何か過ちを犯しはしないかと気が気ではありません」(NHK事情通)

 広瀬といえば、映画『三度目の殺人』(2017年)で日本アカデミー賞『最優秀助演女優賞』を獲得、ベネチア国際映画祭にも出品され、一躍、国際派女優の仲間入りを果たした。さらに昨年末には『NHK紅白歌合戦』の紅組司会に抜擢され、いまや国民的人気女優となった。

 そんな広瀬にとって女優として記念すべき大作が『なつぞら』だ。“朝ドラ”100作目であるため、NHKは通常の3倍の制作予算を投入。まさに’19年度の超目玉番組なのだ。

 「昨年8月からスタートした北海道ロケですが、過酷の二文字につきますね。休んだのは紅白が終了してからの1週間のみで、朝6時には現場入りする。宿泊先の帯広からロケが行われる新得町まで車で1時間余り。8月はそれこそ気温が30度を超える日もあった。だが、12月から3月までは肌が切れてしまうのではないかというマイナス20度の極寒の中でロケが行われたんです」(ドラマ関係者)

 NHK朝ドラの撮影は特殊なことで知られ、かなり過酷な現場であることでも有名だという。
「宿泊先や仮スタジオ、稽古場でのリハーサルが丸1~2日間かけて行われますし、撮影も早朝から夜中まで延々と続く。まさにプライバシーはないに等しいんです」(芸能プロ関係者)

 さらに、広瀬をピリピリさせているのが、入れ替わり立ち替わりで現場入りする先輩女優からの見えないプレッシャーだ。

 「広瀬の養母役には松嶋菜々子(45)、ほかに山口智子(54)や小林綾子(46)ら大女優が名を連ねているんです。皆、朝ドラのヒロインを経験した猛者ばかり。例えば、松嶋は楽屋に広瀬を呼んで自分のセリフ部分を確認したりする。山口は顔合わせ初日にスタッフよりも前に現場入りするのですが、時間通りに来た広瀬に対し“あら、主役はずいぶんとゆっくりなのね…”と澄まし顔で言われたそうです。小林からは『朝ドラ』の心構えを再三聞かされた。そうかと思えば、共演の鈴木杏樹(49)からも“『相棒』の現場はそれは物凄かったの。それに比べたら…”と皮肉られたというんです。以来、広瀬は自分以外の役のセリフを暗記し、新たな共演者がロケ入りする時はスタッフよりも早く現場入りする。そして共演者、特に女優さんに関しては過去の出演作まで調べる一方、朝ドラの心構えを唱える…といった作業をこなしてから、やっと自分のセリフに集中するんです」(テレビ局編成関係者)

 加えて、やっかいなのは連日のようにNHK上層部のお偉いさんが“陣中見舞い”と称してロケ現場に顔を出すことだ。
「必ず言われるのが“(高視聴率を)期待しております”なんです」(放送作家)

 さすがの広瀬もストイックな収録環境に悲鳴を上げているようだ。
「最近、目に力がなくなってきたばかりか元気がない。そんな広瀬を真剣に心配しているんです。例のエロい虫が騒がないかと…。彼女は芸能界でも10指に入る超肉食系女優だからですよ。20歳で、まさにやりたい盛りなんです。人はストレスが溜まれば、はけ口を探すもの。しかも、広瀬は堂々とお酒が飲める年齢になった。彼女は飲めますが、酔うのが早いらしく本当に妖艶フェロモンを体中から出しまくってくるんです。一度でも彼女と飲めば、共演者やスタッフは間違いなくすべてを投げ出してでも、SEXしたくなる衝動に駆られるはずですよ」(同)

 広瀬は若手女優の中で群を抜いての恋愛体質。彼女のモテぶりは過去の噂話を紐解いても明らかだ。
「CMで共演した中川大志、ドラマ共演した『King&Prince』神宮寺勇太と岩橋玄樹、成田凌、映画では野村周平など数えたらきりがありません。20歳にして凄腕の共演者キラーなんです」(業界事情通)

 もっとも、広瀬を『なつぞら』ヒロインに選定する際、NHKも事前に徹底した身体検査を実施している。
「100作目となる記念すべき作品です。絶対に失敗は許されない。広瀬に関しても、マネジャーや本人に聞き取り調査をしている。しばらく彼氏がいない“空き家”だったのは間違いなかった」(NHK関係者)

 ところが、その身体検査をすり抜けた男が1人いた。
「灯台下暗しとは、まさにこのことです。『なつぞら』に出演している吉沢亮です。驚くことに来年公開予定の映画『一度死んでみた(仮)』でも主演の広瀬と共演するんです。撮影は『なつぞら』の撮休に入るGW前後。吉沢とは『なつぞら』がクランクアップする8月までずーっと一緒。どうやら広瀬から猛アプローチを仕掛けたようです。一部女性誌や写真週刊誌が情報をキャッチし、張り込みを開始しています」(業界事情通)

 20歳の下半身は自由奔放。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年4月26日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日曜劇場」のニュース

次に読みたい関連記事「日曜劇場」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。