木村拓哉と工藤静香の娘Kōki,がパリコレデビューも「日本人として恥ずかしい」と辛辣な声

木村拓哉と工藤静香の娘Kōki,がパリコレデビューも「日本人として恥ずかしい」と辛辣な声
(提供:週刊実話)

 木村拓哉工藤静香の次女Kōki,が、5月3日にパリで開催された『シャネル 2019-20年 クルーズ コレクション』でランウェイデビューを果たした。Kōki,は今年に入ってからパリのモデル事務所に所属しており、1月末にパリ、カンボン通りにある「シャネル」のスタジオにて単身オーディションに挑んだという。その後2カ月以上連絡がなかったものの、4月中旬、ついに次回のショーでのブッキングとの連絡が入ったそうだ。

 当日は、世界中のジャーナリストや顧客の視線を一身に集める中、ホワイトのツイードジャケットとスカートをまとって登場し、トップモデルに交じってウオーキングを披露した。Kōki,も当日の様子を自身のインスタグラムに動画で投稿。《I am so honored and extremely privileged to be part of the 2019~2020 Cruise collection. It was my dream come true. Thank you very much for the great experience! Thank you》と英語で自らの夢がかなったことや素晴らしい経験をしたとコメントを残した。

 しかし、Kōki,のこの快挙にネット上では、
《世界的なブランドのランウェイを歩くようなスタイルではないでしょう》
《モデルさんにしては等身や体のバランスが普通な気がします》
《ランウェイを歩くモデル体型ではないですね》
《ハイブランドの服の優雅さをなくすモデルさんですね》

 などといった批判的な意見から、
《1人小学生が交じっとる》
《かわいそう》
《一般人が交じってるなww》

 など、場違いを指摘する声や、
《ウオーキングしっかり練習してるの?》
《やっぱり本物のモデルの中に入ると粗が目立つね》
《パリコレ学でアンミカさんに鍛えてもらった子の方が歩けてる》
《冗談抜きでこんな子が世界のモデルと肩並べてるなんて日本人として恥ずかし過ぎる》
《Kōki,さんのパリコレ。完全にCHANELの話題性のための起用でしょ? モデルとしてこれも個性? とは言い難い仕上がり》

 などといったモデルとしての資質を問うコメントまで投稿された。

 確かにKōki,が投稿した動画を見ると、1人だけ顔一つ分背が低く足も短い。歩き方も不格好に見える。オーディションを突破したのは話題性やゴリ押しと言われても仕方がないのかもしれない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 木村拓哉 SMAP
  2. 木村拓哉 ジャニーズ
  3. 木村拓哉 ドラマ
週刊実話の記事をもっと見る 2019年5月9日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「木村拓哉 + 視聴率」のおすすめ記事

「木村拓哉 + 視聴率」のおすすめ記事をもっと見る

「木村拓哉 + ドラマ」のおすすめ記事

「木村拓哉 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山下智久」のニュース

次に読みたい関連記事「山下智久」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。