美人NHK女子アナは「お硬いのがお好き」

 「このところのNHK女子アナたちを見ていると、明らかに“質”が変わってきているように思います」(民放テレビ局幹部)

 4月から看板番組『ニュース7』のサブキャスターに抜擢され(平日)、新元号発表の特別番組でも司会を務めて高視聴率を上げた“期待の星(スター)”上原光紀アナ(28)が“彼氏との尻揉みデート”を写真週刊誌にキャッチされてから約1カ月がすぎた。

 「発覚直後は、どんな顔をしてカメラの前に立つのか注視していましたが、全く動じず、シレッとニュースを伝えていました。まさに“クールビューティー”。いい根性しているなと思いました」(女子アナウオッチャー)

 お相手は、3人制バスケットボールのプロチーム『TOKYO DIME』の岩下達郎選手。

 「上原アナと同じ慶大OBで、大手商社マンとして働きながら選手としても活躍している身長2メートル超のイケメン大男です」(スポーツライター)

 岩下選手と同じく学生時代はフィールドホッケー部に所属していた上原アナは、新潟、広島の放送局を経て2017年4月、待望の東京アナウンス室へ異動。『おはよう日本』でのスポーツ、昨年4月からは『ニュースウオッチ9』のフィールドリポーターを担当していた。

 「入局時から、体育会系の礼儀のよさ、その美しさは際立っていました。NHKのローカルアナに何故か詳しい明石家さんま師匠も目を付けていました」(女子アナライター)

 2016年のリオデジャネイロ五輪では、現地キャスターを担当した。

 「卓球・女子団体で日本が銅メダルを獲得したシーンの直後、スタジオで感涙にむせび、ティッシュで鼻水と涙を拭いながら放送。先輩アナからは“泣くな”と叱られたようですが、一躍、“全国区”となりました」(同)

 涙だけではない。
〈あの美しすぎるアナウンサーは誰?〉
 とネット上でも騒がれるようになったのだ。

 「顔もいいけど、カラダもベリーナイス。Dカップ乳にフィールドホッケーで鍛えられた90センチ超の“美巨尻”が、本人の密かな自慢のようです」(前出・女子アナウオッチャー)

 そのあたりの“内情”は、慶大体育会系で2年先輩の岩下選手も当然分かっているはず。

 「ステーキハウスへ向かう途中、彼は上原アナのお尻を円を描くように3回揉みました。“深い男女の仲”でなければ、衆人環視の中でこんなエッチなことはできません。おそらく、“本番”に至る前の、いつものルーティンというか“前戯”なのでしょう」(芸能ライター・小松立志氏)

 上原アナは、男女の関係を否定しているが、こんな怪情報も。

 「大男は概して“巨根”といわれていますが、彼のモノも相当デカイそうです。これに、彼女は“頬ずりするほどゾッコン”というものです」(バスケットボール関係者)

 さらに、こんな“後日談”も伝わってきた。

 「アナウンス室で先輩アナが自分で肩を揉んでいたところ、彼女が“揉みましょうか?”と声をかけた。その先輩は“お尻じゃないわよ”とこたえ、その場が凍りついたというものです。真偽のほどは分かりませんが…」(情報通)

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年5月19日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。