巨乳化の和久田、桑子、杉浦(NHK)

 今年に入って一般男性との結婚が明らかになった『NHKニュース おはよう日本』のキャスター(平日)を務めている和久田麻由子アナ(30)は、報道後も一切、自身の結婚には触れようとはしない。

 「ニュースを扱っているという自負からか、公私の区別をハッキリとつけたいのでしょう。局内での評価は相変わらず安定しています」(前出・女子アナライター)

“人妻”となって、増々色香を発散させていると評判の“わくまゆ”こと和久田アナ。

 「東大出身の超エリートにもかかわらず、少しも偉ぶったところがありません。その上、フランスの血を引いているから色白で超美人。朝の早いおじいちゃんたちのマドンナ的存在になっています。心なしか、おっぱいも大きくなったような気がします。尻揉みならぬ、ご主人の“乳揉み”効果のせいかもしれません」(写真誌カメラマン)

 その点、現在『ニュースウオッチ9』のキャスターを務め、和久田アナのライバルと言われて久しい桑子真帆アナ(31)には“勢い”が感じられない。

 「やはり、離婚が大きく影を落としているような気がします」(前出・女子アナウオッチャー)

 2017年、フジテレビの谷岡慎一アナと結婚したものの、わずか1年でスピード離婚してしまった。

 「離婚原因の1つとして“セックスレス”が根強く囁かれました。毎日とまではいかなくても、もっと愛して欲しかったのだと思います」(テレビ局関係者)

 “バツイチ”となってしまった桑子アナは、その後“水卜麻美状態”が続いているという。

 「日本テレビの水卜アナのように、体つきがふくらんだり、しぼんだりしているという意味です。食生活が乱れているようです」(前出・女子アナライター)

 とりわけ、半端じゃないのが、酒の量。
「彼女はもともと“酒豪”として知られていましたが、離婚してから、飲むピッチが上がりました。ビール、日本酒、ワイン、焼酎と何でもござれ。酔っ払ってくると“わたしみたいなイイ女はいない”とグチるのが最近の定番となっているようです」(同)

 バストも急成長し、今や“YC(ヨコ乳)”は「桑子アナのためにある」とまで言われるようになった。
「パイオニアは、現在フリーの大橋未歩だったんですけどね。桑子アナのおっぱいは“Fカップ級”という声しきりです。それは画面からも明らか」(テレビ局関係者)

 “Fカップ”の上を行く“Gカップ”のおっぱいとされているのが、4月1日スタートのドキュメンタリー番組『逆転人生』などを担当している杉浦友紀アナ(35)。

 「2月の番組発表会で“魅せた”エロバディは、今も目に焼きついています。ピンクのワンピース姿だったのですが、Gカップ巨乳は隠しようがありませんでした。他の女性アナと比較しても、“山”の盛り上がりが全然違いました」(ワイドショー芸能担当記者)

 スポーツ番組を担当していた頃は、プロ野球選手に狙われていたGカップのおっぱい。しかし、2015年2月、同期のNHK職員と結婚。そろそろ“妊活”に励む頃合いとなった。

 「5月14日で36歳になる年女。そろそろ急がないといけません。本人も“その気”で、“いつでもOK”というサインを夫に送っているようで猪突猛進です」(前出・女子アナライター)

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年5月20日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。