不登校小学生ユーチューバー炎上で見直された島田紳助の「勉強せえ」発言

不登校小学生ユーチューバー炎上で見直された島田紳助の「勉強せえ」発言
(提供:週刊実話)

 5月5日のこどもの日、沖縄県の地方紙・琉球新報に、沖縄在住の小学生男子ユーチューバーに関する記事が掲載された。

 少年は小学3年生から不登校を続けており、10歳となった現在は「少年革命家ゆたぼん」を名乗ってユーチューバーとして活動中。いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」というメッセージを発信している、という記事内容だった。

 当初はネット上に賛同や賞賛の声も上がっていたが、少年が不登校になった理由が「宿題を拒否したところ、放課後や休み時間に宿題をさせられて不満を抱いた」ことであると知れ渡るや、一転して炎上騒ぎに。「担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え『俺までロボットになってしまう』と学校に通わないことを決意した」という文面も、「まだ10歳の子どもであることを差し引いてもあまりに幼稚だ」と捉えられ、反感を呼んだ。

 「『ゆたぼんの動画を見たら不安に襲われて、学校に行くことにした』と、不登校生徒らによるSNSでの報告が相次いでいるようです。皮肉なことに、と言って良いかどうか、反面教師としては彼の活動は成功でしょう」(全国紙社会部記者)

 またその炎上のさなか、関連して、ある動画が話題になっている。『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ)に、芸能界引退前の島田紳助が出演した際のものだ。

 番組内で島田は、少年時代から母親に対して「勉強して何になるねん」と反抗していたというエピソードを紹介。しかし自身が親になり、勉強ばかりしている自身の子どもに対して同じ言葉を投げ掛けたところ、「人生の選択肢が増える」と答えられて涙が出たそうだ。また、京都大学の法学部卒でマッサージ師をしている「姉ちゃん」のエピソードも披露。いろいろな選択肢がある中で彼女は「マッサージを選んだ」と語ったとのことで、「1万円の小遣いで300円のモノを買ってもいい。でも千円では2千円のモノを買えない」と、笑いを交えながら“深イイ話”に仕上げている。

 これらの中で島田が発した「中高生見てるか、(だから)勉強せえ」には、胸を打たれた人も多いようだ。ネット上には、島田の言葉や巧みな話術に感心したような書き込みが見られる。
《紳助、話うまいなぁ。これぞプロやね》
《1万円と千円の差のところで完全に納得した》
《なるほど…やる気出てきたw》
《学生のころに聞きたかった…》
《あまり好きな芸人ではなかったけれど、この話は素晴らしいと思う》
 芸人になる以前、学生時代には素行不良だった島田に対し、「お前が言うな」との声も見られるが、それこそ現代の学生たちには反面教師としてもらいたいものだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年5月10日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「島田紳助」のニュース

次に読みたい関連記事「島田紳助」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。