NHK関係者がほくそ笑む大みそか『紅白歌合戦』の目玉企画!

NHK関係者がほくそ笑む大みそか『紅白歌合戦』の目玉企画!
(提供:週刊実話)

 「今年は、すでに二つの目玉企画が内定しました。いつもの紅白歌合戦とはひと味もふた味も違います。楽しみにしていてください」と語るのは、NHKで紅白を担当する制作関係者。例年のごとく、視聴者を楽しませる演出に頭を悩ませる紅白スタッフだが、今年はかなりの余裕があるという。

 その一つが、’20年の大みそかを最後に活動を休止する『』の司会者内定情報。なんと’19年、’20年と2年連続で白組司会者に決まったというのだ。

 「嵐は総合司会に内村光良をキャスティングすることを条件に、’19年は嵐の松本潤がソロで、そして’20年にはメンバー全員で司会を引き受けることを承諾したそうです。内村にこだわったのは、色々な失敗を絶妙なタイミングでフォローしてくれるからです」(テレビ関係者)

 そしてもう一つが、年内の公演を最後に、芸能界からの引退を表明した歌手の森昌子(60)だ。なんと、親子&元夫の森進一の“森森コンビ”でNHK紅白を盛り上げるという。

 「長男はロックバンド『ONE OK ROCK』でボーカルを務めるTaKa。二男はテレ東のプロデューサー。そして三男はロックバンド『MY FIRST STORY』のボーカルとして活動するHiroですが、この3人と森進一との夢の家族共演が実現するかもしれません。TaKaは毎年、年越しライブをしているため、ライブ先からの出演。NHKホールには進一とHiro、そして二男が花束を持って駆けつけるプランです」(同)

 森と同時期にデビューした“花の中三トリオ”、山口百恵と桜田淳子にも声を掛けたが、早々にNGが出てしまったという。

 「思案の末、森ファミリーを柱にするべく、企画が動き出したんです。TaKaが所属する事務所には、これまで数十回もオファーしているのですが、一度も実現していません。ただ、今回はTaKa個人に向けた交渉で、声やVTRのみの出演という条件が付きそうですが、実現する可能性はある」(同)

 今年の紅白の視聴率は嵐と森ファミリーにかかっているのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年5月15日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「特番」のニュース

次に読みたい関連記事「特番」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「冠番組」のニュース

次に読みたい関連記事「冠番組」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。