松坂大輔“リハビリ期間”のゴルフ遊びに「サボリ癖が始まった!」とファン嘆く

 中日ドラゴンズの松坂大輔が、チームの練習日に千葉県内でゴルフをしていたことが発覚し、球団がペナルティーを科していたことが分かった。

 松坂は今年2月、ファンと接触した際に右腕を引っ張られたことで肩に違和感を訴え、その後はノースロー調整となっていた。ソフトバンク時代の2015年8月には痛めていた右肩を手術しており、ファンはリハビリに精を出しているものだとばかり思っていたが、あろうことかゴルフを満喫していたとあっては、ファンの怒りも収まりそうにない。

 ネット上では、「こいつ中日に拾われたくせにナメきってるよな」「結果を残しているならともかく、今年はまだ1回も投げてないだろ!」「クラブは振れてもボールは投げられないんですね」「いいかげん、引退しろよ!」など、非難轟々だ。

 「松坂は昨年6勝を挙げ、カムバック賞を獲得するなど見事な復活を遂げました。年俸も1500万円から推定1億円に跳ね上がり、本人もほっと一安心したのか、またいつもの“サボり癖”が出ましたね。もともと練習嫌いで、コーチが目を離すとすぐに手を抜くことでも有名でした。それでも若いときは天才的な才能で勝ち星を挙げてきましたが、38歳の今となっては通用しないでしょうね」(スポーツ紙記者)

 シカゴ・カブスのダルビッシュ有はツイッターで「膝とか腰のケガならわかるけど、肩だからゴルフぐらいいいんじゃない?リフレッシュにもなるし」とコメントし、松坂を擁護する姿勢を見せているが…。

https://twitter.com/faridyu/status/1129051340439789570

 「ダルビッシュは『アメリカでは治療の前後であれば全く問題ない』とツイートしていますが、日本のファンとしては受け入れがたいでしょうね。06年のWBC合宿時には、イチローが『疲れて舐めてやってるだろお前』『打たれても舐めている』と松坂に苦言を呈しています。そのころから松坂の怠惰な性格を見抜いていたとして、『さすがイチロー』と称賛の声が上がっています」(同・記者)

 松坂がルーズな性格なのは何も今に始まったことではない。2000年9月には、当時付き合っていた日本テレビ元アナウンサー・柴田倫世(現妻)のマンションを訪れるために路上駐車し、レッカー移動されたが、その1カ月前には法定速度を50キロ以上もオーバーするスピード違反の取り締まりを受け、無免許状態だったことが発覚。しかもそのことが明るみに出ることを恐れ、球団広報課長(当時)のメダリスト黒岩彰氏を身代わり出頭させていたのだから悪質だ。

 松坂が練習日にゴルフをしていた相手は、日本テレビの上重聡アナウンサーだったという。上重アナは2015年4月、自宅マンションを購入した際に、ABCマートの創業者・三木正浩氏から多額の融資を無利息で受けていたというスキャンダルを起こしている。松坂とは1998年の第70回選抜高等学校野球大会準決勝で対戦した仲としても知られているが、「やはり類は友を呼ぶ」とネット上では冷ややかな声が広がっている。

 名誉挽回するには1日も早く復帰して、チームとファンのために勝ち星を挙げるしかないだろう。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2019年5月17日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。