特選映画情報『オーヴァー・ロード』〜セクシーな村娘がゾンビ撃ちまくり!

特選映画情報『オーヴァー・ロード』〜セクシーな村娘がゾンビ撃ちまくり!
(提供:週刊実話)

配給/プレシディオ TOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開
監督/ジュリアス・エイヴァリー
出演/ジョヴァン・アデポ、マティルド・オリビエほか

 すでに公開されているので、少しだけネタばらし。チラシなどでは完全隠蔽されているが、実はゾンビ系でもある。ボクはゾンビものは苦手だが(ホラーは嫌いじゃないが、あのノソノソと集団でうごめく感じが鬱陶しい)、このジャンルが好きな人もいるだろうから、見逃さないように、あえて告知しよう。余計な親切だったら御免なさい。

 1944年、ナチスドイツをたたくため敢行されたノルマンディー上陸作戦の直後、ナチス占領下の村に、電波塔破壊の密命を受けた落下傘部隊のボイス二等兵(ジョヴァン・アデポ)と小隊長のフォード伍長(ワイアット・ラッセル)らは、森で村娘のクロエ(マティルド・オリビエ)と遭遇。彼女によると、ナチスの科学者が村人たちをある“研究”の材料にしているという。その研究の驚愕の実態とは?

 戦争映画ファンとしては『プライベート・ライアン』(98年)などで知られる“ノルマンディーもの”のくくりで見たら、ゾンビがオマケ、という感じ。おまけにそのゾンビも、ノソノソではなくスピーディーでパワフルなので、これなら大歓迎。中盤までは潜入コマンドもの、後半はゾンビ・バトルもの、と“一粒で二度おいしい”気分になる。

 それよりも想定外の魅力的なトッピングが“最強のセクシー村娘”役のマティルド・オリビエちゃんだね。多分本邦初お目見え。まだ芳紀24歳だが、大人っぽく見えるのが何より。勝ち気そうな美貌、大柄感あるボディー。アンジェリーナ・ジョリーにケイト・ウインスレットを混ぜた感じかな。村を占領するナチス将校のお気に入りで、両親を殺された彼女は表面的には逆らえず、口説かれてもうまくあしらっている。ナチス兵士に野外レイプもされそうになる。しかし後半、潜入部隊が交戦すると、彼女も負けじと銃を、機関銃を、果ては火炎放射器をナチス兵士やゾンビに食らわせる勇猛ぶり! 惚れたね。

 クライマックスは、ゾンビと化し、顔面を破壊されても突進してくるナチス将校の超人的パワー対こちらもゾンビ化しつつある小隊長とのガチンコ勝負がド迫力! サービス満点の娯楽作として、最後まで一気呵成。戦争映画ファンも、ゾンビ映画ファンも納得の見事な欲張り映画。製作は『スター・トレック』シリーズ、『スター・ウォーズ』シリーズなどを手掛けた信頼印のJ・J・エイブラムス。個人的には『オーヴァーロード』のテイストの方が好きだが…。それにしてもこの題名、原題通りとはいえ、ピンと来ないゾ。ボクならベタに『ナチス極秘研究所:地獄のソルジャー』あたりにするけどね(笑)。

(映画評論家・秋本鉄次)

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2019年5月18日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。