『いだてん』追加キャストに落胆の声「結局あまちゃん頼みかよ」

『いだてん』追加キャストに落胆の声「結局あまちゃん頼みかよ」
(提供:週刊実話)

 視聴率の低迷が続いているNHK大河ドラマ『いだてん』に、新たな追加キャストが加わることが発表された。ドラマは6月から俳優・阿部サダヲを主演に第2部がスタートする。

 新しいメンバーは薬師丸ひろ子、塚本晋也、リリー・フランキー、桐谷健太、麻生久美子、加藤雅也などの他、生前に収録済みの萩原健一もおり、視聴率のV字回復が期待されている。

 しかし、ネット上では、
《大物ばかりだけど既視感が…》
《何だかマンネリな配役だなー》
《結局、あまちゃんキャスト頼みかよ》
《全く惹かれないメンバーだな》

 など、目新しさを感じられないキャスティングに、早くも辛らつな意見が飛び交っている。
「実力派の俳優をそろえたのは確かですが、みな、朝ドラで最近見掛けたメンバーばかりで、目新しさがありませんでしたね。正直、アッと言わせるサプライズがなかったのが残念でした。言い換えれば、脚本家の宮藤官九郎氏のお気に入りが呼ばれただけと言ってもいいでしょう。すでに二転三転する脚本についていけない視聴者が続出していることに加えて、いつものクドカンファミリーの登場では、この先も視聴率が上向きになることは難しいんじゃないでしょうか」(エンタメ誌記者)

 同ドラマは足袋職人役のピエール瀧が麻薬取締法違反の容疑で逮捕され、三宅弘城が代役になったこともあって、ピエール瀧と公私共に親交が深いリリー・フランキーが追加キャストとして名を連ねていることを心配する声もある。

 「昨年4月に、リリーの運転手を務めていた男が薬物絡みで逮捕されています。また、この運転手の逮捕がきっかけで、芋づる式に瀧被告に薬物を売った女性が逮捕されていることから、一時、リリーにも疑惑の目が向けられました。実際、リリーにも捜査員から連絡があったようですが、尿検査までは行われなかったそうです。リリーにとっては、とんだトバッチリとなってしまいましたが、どうしても“疑いの目”で見られてしまうのは仕方がないのかもしれません」(同・記者)

 通常、追加キャストの発表は大きな話題となるが、すでに視聴者の間からは「巨人の助っ人補強のようでシラけただけ」と、冷ややかな声が広がっている。

 あまちゃんつながりで女優・のんの投入が幾度となくウワサされているが、もはや誰がキャストに加わっても低視聴率のテコ入れにはならなそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年5月18日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花燃ゆ」のニュース

次に読みたい関連記事「花燃ゆ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ゲゲゲの女房」のニュース

次に読みたい関連記事「ゲゲゲの女房」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。