安達祐実のバツイチヌード

安達祐実のバツイチヌード
(提供:週刊実話)

 そして、90年代後半からのお宝ブームで発掘され、大いに盛り上げた女優こそ、高島礼子(54)、その人だ。

 ’87年にレースクイーンとして活動開始し、’88年のとらばーゆのCMで注目されて女優転身。’93年の『さまよえる脳髄』、’94年の『集団左遷』でバストトップまで見せてくれており、ブレイク後に、そのヌード画像が雑誌のグラビアに何度も掲載されることとなった。

 「『さまよえる~』では神田正輝とのセックスシーン。立ちバックで突き上げられ、形のいいDカップバストがガラスに押し付けられて、切ない吐息を漏らします。『集団左遷』では、津川雅彦に背後からパンティーを脱がされ、服をひん剥かれてバストが露わになる。濡れ場はありませんが、昔は、これくらいのシーンでも女優はしっかり脱いでいたと思うと、いい時代でした」(前出・映画関係者)

 ’99年、周囲の反対を押し切って、高知東生結婚も、高知の浮気発覚&薬物逮捕を受け、’16年に離婚

 「格差婚と言われ続けてきたものの、高島の方が高知への思いを断ち切ることが難しく、今も復縁説が消えません。高島をより美しく輝かせることができるのは、高知しかいないのでは」(前出・映画ライター)

 安達祐実(37)は、’05年に結婚したスピードワゴン井戸田潤と、’09年に離婚。’14年にカメラマンの桑島智輝と再婚し、’16年には第2子を出産。桑島との仲のよさがよく話題になるが、結婚した’14年に、映画『花宵道中』で20年ぶりに映画主演し、大胆なヌードを披露している。

 「感じるとカラダに花柄の赤い斑点が浮き上がる遊女役。心寄せる男の前で犯される凌辱寝取られシーンでは、推定Cカップバストを揉まれ、バックで突き上げられてしまう姿は、子役時代を知る者にはショッキング。おっぱいの形、乳首の大きさなどは、先に何度もヌードを見せた母・有里と瓜二つであることも分かりました」(別の芸能記者)

 また、昨年、『V6』の森田剛と再婚した宮沢りえ(46)といえば、貴乃花との婚約解消や、激ヤセ、ハワイ在住の元プロサーファーとの4年にも渡る離婚協議の末の離婚と、スキャンダルなくしては語れない人生を歩んでいる。

 「’91年の『Santa Fe』が記録した155万部の売り上げというのは、今後、絶対に破られることがないでしょう。自然光の中で輝く白く美しい肌、ふんわりと綿毛のようなヘア、推定Dカップ美乳と、その先端のピンク色は、いつになっても我々の記憶の中に輝き続けることでしょうね」(前出・露口氏)

 不幸によって美しさを増す彼女たち。令和元年の、さらなるパフォーマンスに期待したい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安達祐実 シングルマザー
  2. 安達祐実 ヌード
  3. 安達祐実 井戸田潤
週刊実話の記事をもっと見る 2019年5月23日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「安達祐実 + シングルマザー」のおすすめ記事

「安達祐実 + シングルマザー」のおすすめ記事をもっと見る

「安達祐実 + 子役」のおすすめ記事

「安達祐実 + 子役」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「石田ゆり子」のニュース

次に読みたい関連記事「石田ゆり子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。