テレビ東京のオファーに即決した反町隆史の「いい人伝説」

テレビ東京のオファーに即決した反町隆史の「いい人伝説」
(提供:週刊実話)

 令和元年を迎え、再びブレークを迎えているのが俳優の反町隆史(45)だ。ここにきて、各テレビ局の主演オファーが捌ききれないほど殺到しているという。

 「NHKを筆頭に、フジテレビTBS日本テレビなどのキー局のプロデューサーらがドラマの企画書を手にやって来るんです。役柄は、刑事から教師、坊主など、幅広いラインナップです」(テレビ事情通)

 そんな数あるオファーの中で反町が決めたのが、なんとローカル局のテレビ東京。今年7月にスタートする『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』の主演を受けたのだ。それにしても、なぜ反町は数あるキー局のオファーを受けず、一ローカル局にすぎないテレ東だったのか? 実は、反町が連ドラで主演を務めるのは、4年半ぶり。テレ東は今回が初となるのだ。

 「同ドラマは、企業再生が専門の弁護士・村松謙一氏のノンフィクション『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』が原作。反町演じる村越が、倒産危機にある中小企業を救うために奮闘する物語。実は、この本をたまたま反町が愛読していた。さらに、それ以上にテレ東のスタッフの情熱に折れたと言うんです。同じプロデューサーから5年越しで声を掛けられていたそうですよ」(同)

 話がまとまらなかった理由は出演料。テレ東の場合、キー局と比較すると、かなり落ちてしまうからだ。
「反町といえば『相棒』ですが、あのドラマで1本当たり400万円~。NHKでも、大河ドラマの実績があるため、200万円以上も支払っている。いわば、大物に値するんですよ」(制作関係者)

 ところが、実際のテレ東の出演料は驚くほどチープだったという。
「頑張って1本100万円~。当然、事務所がOKしないわけです。ところが、その話を反町自身が全く関係のない『相棒』のカメラマンを派遣する技術制作会社から聞くや、すぐに企画書を取り寄せて、その場でOKしたというんです。しかも、プロデューサーに直接、電話したそうですよ」(芸能プロ関係者)

 反町といえば5月9日、都内の路上で体調不良で動けなくなった女性を救護し、名乗らずに立ち去っていたことが報じられていた。
「彼は見かけはトッポイですが、本当はいい人で曲がったことが大嫌いな性格。今回のテレ東も、5年越しと聞いて即決している。ドラマ関係者で彼の悪口を言う人がいないのも有名な話です。そもそも最近、オファーが盛んに来るようになったのも、この美談が報じられてから。スポンサーが指名してくるんです」(同)

 一日一善が、一獲千金になりそうな勢いだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 反町隆史 松嶋菜々子
  2. 反町隆史 相棒
週刊実話の記事をもっと見る 2019年5月28日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「反町隆史 + 松嶋菜々子」のおすすめ記事

「反町隆史 + 松嶋菜々子」のおすすめ記事をもっと見る

「反町隆史 + 相棒」のおすすめ記事

「反町隆史 + 相棒」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小栗旬」のニュース

次に読みたい関連記事「小栗旬」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。