ボートレース★デビュー戦で才能の高さを実証した佐藤航

ボートレース★デビュー戦で才能の高さを実証した佐藤航
(提供:週刊実話)

 先週に引き続き、5月にデビューした124期について紹介する。各地で続々とデビューしている新人たち。その中でも埼玉支部に属する佐藤航を取り上げたい。

 佐藤は、ボートレーサー養成所で在校勝率5位の6・32をマーク。1999年12月生まれの19歳。その魅力は、まずは体重である。「食べても太らないんです」と、重量級選手が聞いたら羨む体質である。「ごはん(白米)や、ラーメン食べても増えません」と、まさにボートレーサー向きだ。

 そんな佐藤は、デビュー節でいきなり見せ場を作った。それもデビュー戦である。6コースから展開を突き、上位争いを展開し3着。一瞬、上位を走っても、ゴールまでには抜かれて惨敗するケースが多い新人のデビュー節だが、佐藤は違った。その後は⑤⑥⑤⑥と振るわなかったが、才能の高さは初戦で実証した。

 埼玉支部といえば、桐生順平をはじめ中田竜太、黒井達矢など若手の層が厚い。これは佐藤にとっては確実にプラスに働くはず。現在、アドバイスをする事が多い同じ埼玉支部の島田賢人は「粗削りですが、ボートの乗り方が上手です。そして意欲的で、何に対しても興味を持って聞いてきてくれる。基本旋回がしっかりしているし、あとはフライングさえしなければ早めに化けそうですよ」と期待する。

 かなり早い段階で水神祭もありそう。舟券的にもしっかりマークしていきたい。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2019年6月8日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。