令和元年1発目「AV出演してほしい」女子アナ総選挙 熱望される皆藤愛子のロリAV

令和元年1発目「AV出演してほしい」女子アナ総選挙 熱望される皆藤愛子のロリAV
(提供:週刊実話)

 8位には、テレビ東京大江麻理子アナ(40)がランクイン。彼女は、2014年に創業者である証券会社社長と結婚。「セレブアナ」としても知られる。しかも、現在も看板アナとして『ワールドビジネスサテライト』に出演。今後も、局アナを続ける見通しだ。

「美人で才女。『サラリーマンが好きな女子アナ』で1位になったこともある。夫は100億円の資産があるとされ、自立した妻として仕事に生きるのでしょう」(前出・テレビ東京関係者)

 何ともうらやましい限りだが、一方で家庭生活は全く伝わらず。セックスレスの話さえある。そこで、こんなAV案が飛び出した。

「仕事がバリバリできる人妻営業ウーマンが取引先の男を誘惑し、売り上げも抜群となる。その結果、ますますカラダの需要が高まり、さらにSEXに励み、ネズミ算的に人数が増えるストーリーなんていいよね」(前出・AV構成作家)

 9位は広末涼子似を売りにしている日本テレビ市來玲奈アナ(23)。彼女は元『乃木坂46』のメンバー。
「昔の広末と、顔も似ていれば、だらしない異性関係もソックリと揶揄されている。ずばり、知り合えば誰とでもエッチする『尻軽女子大生』役というのはどうでしょう。“4P&乱交”場面もあり、広末も真っ青の乱れっぷりを見てみたい」(前出・夕刊紙記者)

 10位は、フリーアナ脊山麻理子(39)だ。「AV出演に最も近い女子アナ」といわれ、“ハレン痴態”を見せたくて日本テレビを退職。以後、ギリギリセクシーやボンデージの披露など、女子アナの常識を、ことごとく覆してきた。
「もうセクシーの限界まで挑戦しているので、あとはヘアヌードとAV出演のみ。恋愛ハメ撮り、乱交、変態など、あるゆるAVが期待できます。性器全開のハメ撮りの写真集付きで、十数億円以上の売り上げが見込める」(女子アナ評論家)

 最後は、番外を2人ご紹介。1人目はフリーアナの皆藤愛子(35)。「永遠のロリアナ」と呼ばれ、その童顔と微乳は、ロリ好きに今でも評価が高い。T158センチ、B78のBカップ乳。
「“愛ちゃん”も30代半ばとなった。やはりファンの期待に応えて“ロリAV”をやってほしい。禁断の作品として10万本限定発売。10万円の値段でも買うファンは多いでしょうね」(ロリ雑誌編集者)

 もう1人は、フリーアナの有働由美子(50)。彼女は昨年10月、NHKから日本テレビの夜ニュース『news zero』のMCに転身。ただ、視聴率は、今一つ、サエない。
「話題作りにAV出演もおもしろいと思います。有働はNHK時代からB85の巨乳と“ワキ汗”で有名。結婚期を逸して、ワキ汗を流しながら、不倫マンぐり返しに励む“独身熟女OL”なら、マニアックウケするかもしれません」(前出・芸能ライター)

 いずれも、見たい逸材ばかりだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年6月9日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「雛形あきこ」のニュース

次に読みたい関連記事「雛形あきこ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「羽鳥慎一」のニュース

次に読みたい関連記事「羽鳥慎一」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中山美穂」のニュース

次に読みたい関連記事「中山美穂」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。