桑子真帆 「独りはつらいよ」朝ドラならぬ“朝寅”鑑賞の日々

 あの国民的スター“寅さん”が帰ってくる。

 「国民的映画『男はつらいよ』シリーズ開始から今年で50年。年末の12月27日から、前回の第49作から22年ぶりの新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』が公開されます。ファンにとっては、待ちに待った新作です」(映画ライター)

 『ニュースウオッチ9』(NHK)でおなじみの桑子真帆アナ(32)も、うれしくてタマらないという。

 「寅さんの大ファンで、作品は第1作目から全部持っているそうです」(報道関係者)

 しかも、このところは“朝寅”しているようなのだ。

 「寅さん見てから出勤すると、穏やかな気持ちで、いい1日を送れると話しているそうです。癒やし効果抜群と大絶賛していました。表面上は、“おひとり様”をマン喫しているように見えますが、本当は、優しい男のぬくもりに包まれたいのです」(女子アナライター)

どうやら、“男はつらいよ”ならぬ“独りはつらいよ”のようだが…。

 '17年、フジテレビの谷岡慎一アナと結婚したものの、わずか1年で離婚してしまった桑子アナ。

 「離婚原因の一つとして、谷岡アナの女性問題、そして“セックスレス”が根強く囁かれました。毎日とまではいかなくても、週末くらいは愛して欲しかったのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

“おひとり様”となった桑子アナは、その後“水卜麻美状態”が続いたという。

 「日本テレビ・水卜アナのように、体つきがふくらんだり、しぼんだりを繰り返しました。ストレスもあって、食生活が乱れたのです」(女子アナライター)

 とりわけ、半端じゃなかったのが酒の量。

「NHKの中でも彼女は“大酒豪”として知られていましたが、バツイチとなってから、飲むピッチが、さらに上がったのです。アルコール類なら何でもござれ。酔いが回ってくると、“私みたいなイイ女はいないんだから”とグチるのが、いつものパターンでした」(同)

 しかし、今年に入ると生活スタイルが一変。

 「外で飲むにしても、酒量は、ほどほど。深酒したい時は、自宅で飲むことにしたようです。寅さんの優しさと、おかしさを肴に悶えるのです」(同)

今日も桑子アナは朝ドラならぬ“朝寅”鑑賞の刻を愉しんでいる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年6月17日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「伊藤利尋」のニュース

次に読みたい関連記事「伊藤利尋」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「下平さやか」のニュース

次に読みたい関連記事「下平さやか」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宇賀なつみ」のニュース

次に読みたい関連記事「宇賀なつみ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。