野村克也がID野球総仕上げ「東大総監督」就任へ

野村克也がID野球総仕上げ「東大総監督」就任へ
(提供:週刊実話)

 最愛の夫人、サッチーを亡くして生きる目標を失っていた野村克也氏(83)が、野球人生の集大成となる終着点を見出した。それが、東京六大学で春季リーグ戦10戦全敗、2017年秋から32連敗している東京大学野球部の総監督の座だ。“ID野球”で球界に革命をもたらした男が今年、創部100周年を迎える名門野球部の再建を手掛ける――。

 2017年12月に妻の沙知代さん(享年85)に先立たれ、野村氏は「ボヤキの相手がいなくなってしまうと、やっぱりさみしい」とメディアの取材にポツリ。とはいえ、墓前に手を合わせては「まだ迎えに来ないでくれよ」と残された野球人生の仕上げを模索してきた。

 そんな“ノム”さんが最後の仕事に選んだのは、プロ野球ではなく学生野球だった。

 6月5日、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村氏は、杉下茂氏(93、元中日、大毎)、堀内恒夫氏(71、元巨人)、門田博光氏(71、元南海、ほか)、福本豊氏(71、元阪急)らとともに“学生野球指導者”の門を叩いた。プロ野球経験者が高校、大学の指導資格を簡略化した手続きで回復することができる面談を受けたのだ。

 通常の手続きではプロアマ双方の研修会を計3日間、受講しなければならない。しかし、野球殿堂入りした対象者に限り、わずか1日の研修とレポート提出で代替できるのだ。これにより、最短で6月18日に開かれる日本学生野球協会の資格審査委員会で資格回復が認められれば、高校、大学野球部の監督やコーチとして甲子園や神宮球場などの土を踏み、采配を振るうことが可能となる。

 2002年から2005年まで社会人野球のシダックスでも監督を務めた野村氏だが、同じアマ野球でも恋い焦がれていたのが学生野球だった。1982年夏、1983年春と夏春連覇した池田高校(徳島県)の監督で、「攻めダルマ」の異名を取った蔦文也氏(’01年没、享年77)が理想という。当時、採用されたばかりの金属バットの特性を生かして「やまびこ打線」と呼ばれる強力打線を作り上げて一世を風靡した。

 実は、蔦氏はプロ野球・東急フライヤーズ(現日本ハム)のOBでもある。同志社大から日本製鐵広畑を経て投手で入団し、1年限りで退団(0勝1敗)。その後、高校社会科の教員資格を取得し、池田高校監督に赴任、片田舎の公立高を高校球史に残る人気と実力を持つチームに作り上げた。

 研修の会見では「あんなうらやましいことはない。『蔦さん2世』になりたいと常々、思っていた。やっぱ甲子園、行きたいよね」と話し、高校野球監督への熱い思いを吐露した野村氏。

 「そうは言っても実現は難しい。ノムさんは83歳。脳裏には母校・峰山高校(京都)の監督があるのでしょうが、炎天下のグラウンドでノックバットを握るのは不可能。レベル的にもすぐに甲子園出場というのは現実的ではない。その点、春と秋のリーグ戦がメーンの大学野球なら可能。分業が進み、優秀なコーチもいる。そこで狙いを定めたのが、日本一の頭脳が集まる東大野球部。門外不出の『野村ノート』をレクチャーし、ID野球を注入すれば、ミーティングだけで大きくバージョンアップさせることができると考えているようだ」(スポーツ紙デスク)

 野村氏は東大野球部について聞かれると、「東大監督は夢のまた夢。頭がよくないと…」と謙遜しつつも、「弱いチームを強くするのが好き。ダメでもともと、勝てば評価が高まる。できたら監督冥利に尽きる」と本音も隠さない。

 一方の東大野球部も、野村氏を総監督に迎える環境を整えている。野村氏がアマ面談を受ける前日の6月4日には、ヤクルトの元エースで野村氏のヤクルト監督時代に二軍投手コーチを務めた松岡弘氏(71)が投手コーチに就任することを発表している。

 「実質的な野村イズムの注入は松岡氏が行い、ベンチの指揮は土佐高(高知県)から東大工学部に進み、主将として活躍した浜田一志監督(54)がこれまで通り続ける。野村氏はかつてヤンキースのジョー・トーリ監督をベンチで支えたドン・ジマー氏のような存在を見据えているのではないか。ノムさんがベンチにいるだけで相手チームは何をしてくるか疑心暗鬼になるはず」(同)

 東大野球部は2013年1月、巨人OBの桑田真澄氏を特別コーチとして起用したが、同年7月にプロ野球経験者が学生野球の指導者になるための新制度ができ、研修を受けて資格を回復する必要が生じた。既に特別コーチに就任していた桑田氏には1年間が猶予されたが、多忙な事情から煩雑な研修受講を断念。東大野球部の斬新な改革は2年で頓挫した経緯がある。

 「今年は創部100年のメモリアルイヤーです。政、財、官界に多くの卒業生を持つ東大としては、このまま2017年秋からの連敗を続けるわけにはいきません。何が何でも勝たなければならず、そのためにはカンフル剤が必要です。一方、ノムさんが求めているものは生き甲斐、そして沙知代さんへの土産話。お互いの利害が合致していることから、実現の可能性は高いでしょう」(東大野球部OBのメディア関係者)

 ノムさんがプロに入団した当時、東京六大学野球はプロ野球をはるかに凌ぐ人気を誇っていた。

 墓参を続ける野村氏の耳に、サッチーの「アンタ、最後は東大でやんなさいよ」という囁きが聞こえたのだろうか…。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2019年6月18日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら