和久井映見 ドラマ『リーガル・ハート』に賭ける本気の入浴シーン

和久井映見 ドラマ『リーガル・ハート』に賭ける本気の入浴シーン
(提供:週刊実話)

 「数々の出来事、人の関わり、沢山の人の思いや人生が描かれます」(和久井)

 この言葉通り、和久井映見(48)が、7月22日スタートの連ドラ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京)で“アラフィフ巨乳全裸”を披露し、高視聴率をもぎ取りに出るという。

 「同作は主演の反町隆史(45)と22年ぶりに共演することで注目されています。1997年、和久井主演のフジテレビ系月9ドラマ『バージンロード』でタッグを組んだ際、平均視聴率21・4%を取った最強コンビですからね。今回、中小企業を倒産危機から救う再建弁護士を反町が演じ、和久井は妻役です」(芸能記者)

 40代後半になった和久井は今回、完熟濡れ場で視聴者をくぎ付けにする。

「多忙な夫を家で癒やすのが和久井の役目なだけに、“夜の営み”が大きな見どころです。濡れ場では和久井がセクシーな透けパンティーやTバックで夫を挑発。濃密ディープキスから始まり、反町の顔を熟れきったEカップ乳で包み込んだあと、合体する…そんなシーンが予想されます」(同)

 長年、清純派女優として活躍してきた和久井だが、五十路を前に、今作で「美熟女セクシー路線」のキャラ変更を考えているという。

 「近年、目立つ役柄が少なかったですが、今作で久しぶりに注目役をこなすため、やる気満々です。周囲には“今後はセクシーキャラも取り入れたい”と話しており、48歳にして進化する巨乳を乳首ギリギリまで披露する“入浴シーン”も盛り込み、毎回の“エロ見どころ”にしたいとか。今でも20代のようなEカップ美乳を誇るだけに、入浴シーンでは、瞬間視聴率が上がると目されています」(芸能プロ関係者)

 スカウトで芸能界入りした和久井は1988年、連ドラ『花のあすか組!』でデビュー。歌手としてもシングルを13枚出し、90年代には数々の連ドラで主演し、トップ女優として君臨。しかし、1995年に萩原聖人結婚してから、第一線に出る機会は減った。

 「1999年に第1子長男をもうけたが、2003年に離婚。それからバツイチ状態なのです。ただ和久井は周囲に、結婚願望を語っており、今回のドラマで久々に脚光を浴びたあと、再婚相手を見つけ、50歳でゴールインという青写真を描いているよう。そのためにも、濡れ場で“再婚相手の募集”もしたいわけです。迫真演技が期待できそうですよ」(同)

 和久井映見と反町隆史の共演は22年ぶりだ。『リーガル・ハート』で本気の夫婦の営みを見せてほしい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年6月23日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「風吹ジュン」のニュース

次に読みたい関連記事「風吹ジュン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「木村佳乃」のニュース

次に読みたい関連記事「木村佳乃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「水野美紀」のニュース

次に読みたい関連記事「水野美紀」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。