広瀬すず ソープ処・吉原〜ラブホ街・鶯谷へ“大人ツアー”体験

広瀬すず ソープ処・吉原〜ラブホ街・鶯谷へ“大人ツアー”体験
(提供:週刊実話)

 平均視聴率20%超えのNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』はヒロインの広瀬すず(21)が支えていると言っていい。
「やはり、広瀬の演技がいいですね。朝ドラにふさわしく明るく元気で、ちょっとコメディーチックなところがグッド」(ドラマ関係者)

 その広瀬を中心に、山口智子(54)、比嘉愛未(33)、岡田将生(29)、リリー・フランキー(55)といった現在出演中の主要メンバーが先頃、鍋で有名な老舗店に集まったという。

 「6月が広瀬の誕生月ということもあり、同じく6月生まれの比嘉とともに食事会を兼ねて合同誕生会を開くことになったようです」(前出・芸能ライター)

 桜鍋は馬肉をすき焼きのようにして食べる料理で、“精力がつく”メニューとしても知られている。

 「そう、この店があるのは東京・吉原。昔は色街、現在は数多くのソープランドがあることで世界中に知られています。昔も今も、男たちはここで桜鍋を食べて、勇躍、夜の吉原へ繰り出すのです」(風俗ライター)

 そんな“事情”を知ってか知らずか、広瀬は店に入ってしばらくすると座敷の窓を開け放って、通行人や車が行き交うネオンまばゆい吉原の様子に興味津々、食い入るように見つめていたという。

 「隣の席には、風俗の世界にも詳しいリリーがピッタリと寄り添っていたそうなので、“ソープランド”の解説もしたのではないでしょうか。広瀬が“ソープランドって何?”と尋ねてもなんら不思議ではありませんから」(同)

 そして、次に一行が2次会として向かったのが会員制のバー。

 「このバーは、“メッカ”と言われている鶯谷のラブホテル街のど真ん中にあるんです。いくら会員制で、芸能人がお忍びで通う店として有名といっても、吉原から鶯谷って、何か意図があってのことと勘繰りたくもなりますね。リリーがプランニングしたともっぱらのです」(同)

 本来は、“肉食系女子”との評判が高い広瀬。“衝撃の初体験”に大興奮して、身体を震わせていたという。

 「朝ドラのために、現在は異性を断っている状態ですが、今後にいきる体験をしたと思われます。好奇心も旺盛なコですからね」(芸能レポーター)

 広瀬は6月19日に21歳の誕生日を迎える。リポーターから「誕生日はどうします?」の質問に「休む時は休みます」と答えていた広瀬。鶯谷で休憩…はさすがにないか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 広瀬すず CM
  2. 広瀬すず ドラマ
  3. 広瀬すず 人気
週刊実話の記事をもっと見る 2019年6月22日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「広瀬すず + CM」のおすすめ記事

「広瀬すず + CM」のおすすめ記事をもっと見る

「広瀬すず + ドラマ」のおすすめ記事

「広瀬すず + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「本田翼」のニュース

次に読みたい関連記事「本田翼」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。