撮影スタッフが悲鳴を上げる杏&仲間由紀恵のドラマ“働き方改革”

撮影スタッフが悲鳴を上げる杏&仲間由紀恵のドラマ“働き方改革”
(提供:週刊実話)

 7月10日からスタートするドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)の制作現場から悲鳴が上がっている。
「ヒロインの(33)が“働き方改革”を実践しようと張り切っているんです。まあ、改革と声高に叫んだところで、実際は撮影時間の短縮です。オイシイ思いをするのは、出演者とプロデューサーや監督などの一部スタッフのみ。当然、そのしわ寄せが末端のスタッフに降りかかる。下準備に追われ、以前より忙しくなっているんです」(撮影関係者)

 現実面を考えれば、番組制作の中でも、ドラマの撮影現場は、“働き方改革”とは、最も縁遠いポジション。
「ドラマはこだわりの世界です。撮影時間の短縮を言い出すと、成立しませんよ。ただ、日テレサイドは杏の言うがまま。無理やり『偽装不倫』の企画を受けてもらった手前、かなり遠慮をしているようです」(制作会社プロデューサー)

 そもそも、杏が撮影時間の短縮にこだわっている理由だが…。
「育児に追われているからです。杏には、夫で俳優の東出昌大(31)との間に’16年5月に双子の女児、’17年11月に長男をもうけているんです」(芸能プロ関係者)

 ところが、さらに取材を進めてみると、意外な話が飛び出してきたのだ。
「女優として10年以上のキャリアを積んでいる杏にとって、撮影時間を短縮することへの影響は百も承知。でも、3人の子供を抱え、どうしようもなかった。結果、正式にオファーを受ける時に『育児のため、18時に帰ることがOKなら受ける』という条件を出したのです。どうやら、制作会社と共有されていなかったようです」(ドラマ関係者)

 今回の撮影時短の成り行きがどうであれ、杏の意思表示にいち早く賛同したのが『偽装不倫』で共演する仲間由紀恵(39)だ。
「仲間も夫・田中哲司(53)との間に昨年6月、双子の男児を出産し、育児に追われる身だからです。今回、杏との共演は初めてですが、同じママ友としてすっかり共闘し、タッグを組んで撮影に臨んでいます。撮影は恐ろしいスピードで進んでいます」(ドラマ事情通)

 しかし、杏と仲間の声がけで、意外な効果も浮き彫りになってきたという。制作費的には相当規模のコストパフォーマンスを成し遂げたというのだ。
「事前打ち合わせを徹底し、撮影時間を短縮したことで、1話当たり300万円近いコスト削減を実践できたんです。ADの過労問題も、この浮いたお金でスタッフを大量に雇うことができる。結果オーライとの声があちこちから出ているんです」(制作プロ関係者)

 近い将来、ドラマ関係者から杏が“テレビ働き方改革の母”と称賛される日が訪れるかもしれない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

杏のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る 2019年7月7日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「菜々緒」のニュース

次に読みたい関連記事「菜々緒」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「波瑠」のニュース

次に読みたい関連記事「波瑠」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「夏帆」のニュース

次に読みたい関連記事「夏帆」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。