福岡市“守る側”が中2少女にわいせつ行為「児童相談所」戦慄の地下室

福岡市“守る側”が中2少女にわいせつ行為「児童相談所」戦慄の地下室
(提供:週刊実話)

 福岡市の児童相談支援センターの男性職員が女子中学生に体を触るなどのわいせつな行為をしたという“守るべき側”がオオカミになるという信じられない事件が起きた。一時保護していた女子中学生(14)に、わいせつ行為をしたとして福岡県警に逮捕(県青少年健全育成条例違反容疑)されたのは、福岡市中央区の児相『えがお館』に勤務する市職員の佐藤大介容疑者(36)。

 県警少年課によると、同容疑者は2月18日の夜、施設内の一室で一時保護していた女子生徒が18歳未満と知りながら、わいせつな行為に及んだという。
「佐藤は女子生徒の担当ケースワーカーで、『相談を受ける』として2人きりになり、複数回わいせつ行為を繰り返していました」(全国紙記者)

 女子生徒は3月上旬、別の職員に被害を訴えたが、所内での待遇の変化を恐れて警察への通報を断っていた。しかし、佐藤容疑者のわいせつ行為がやまなかったため、3月13日に通学中の中学校の養護教諭に相談し、教諭が警察に通報。事件が発覚した。
「佐藤は、他の職員が少なくなる夜間に、施設地下にある個室の相談室に女子生徒を呼び出し、犯行を繰り返していた。女子生徒は、逮捕容疑となった2月以外にもわいせつ行為をされたと話しており、警察が余罪を調べています」(同)

 佐藤容疑者は'15年から児相に勤務。役職は主任で、勤務態度は「真面目」で通っていた。警察の調べに対して「(わいせつな行為は)一切していない」と強く否認しているが、もともとこの児相は地元できわめて評判が悪いという。
「入所経験のある子どもは『牢屋のように自由がなく、暴力的なところ』と言っています」(自治会関係者)

 実際、昨年7月にも一時保護されていた10代の児童が、50代の職員に何度も尻を蹴られるなどの暴行を受けたことが発覚。施設名は『えがお館』だが、実態は子どもたちの笑顔を奪う“恐怖の館”になっていた。いかなる公的機関にあっても、密室には「監視カメラ」を設置すべきだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年7月19日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。