昆虫大好き・哀川翔“昆虫食”を完全拒否「僕は育てる方なので…」

昆虫大好き・哀川翔“昆虫食”を完全拒否「僕は育てる方なので…」
(提供:週刊実話)

 7月19日、「大昆虫展in東京スカイツリータウン(R)」プレス発表会が行われ、哀川翔カブトムシゆかり、井上咲楽らが登壇した。

 6回目の開催となった今年、大昆虫展アンバサダーである哀川は、今年もカブトムシ持参で登場。「今年羽化した中で、デカいのと小さいのを持ってきました。86mmと、小さいのは3cmくらい。幼虫の段階でちっちゃくないと出ないんですよね。デカいのは、86、87ミリ。MAXは88ミリだけどあと1ミリが届かない。でもその1ミリが昆虫の世界では大きい」と、相変わらずの昆虫愛を発揮していく。

 このイベントでは、実際にカブトムシに触れ合えるスペースを設けるほか、金曜日のナイト営業限定で初の「昆虫食教室」を開催する。このイベントに哀川は「昆虫採集をしながら食べるんだ。食べられる昆虫いますよね…」と驚きながらも、「僕は『生きろ生きろ』って育てるほうだから…」と食べることを否定した。

 しかし一方で、女性の井上咲楽は食べられるという。「土地芸県益子町に住んでいて、自然に囲まれて育ったので。でも小さいころは食べてなくって、(食べ始めたのは)この2年くらい。長野のアンテナショップでハチの子を食べて、美味しくっていろいろと調べたら、栄養が豊富で合理的な食べ物だとハマりました」と明かした。

 イベントでは実際に昆虫食も登場したが、哀川は「虫を飼っているものからしたら、無理だわ」と頑なに拒否。「否定はしない。時代は来る。でも今はいい。見るのは平気だけれど。幼虫をいっぱい育てているので『これ食べるの?』って…。でも(食べるのが)普通になる時代が来ると思います。いまは勘弁してください(笑)」と、複雑な胸中を明かした。

 「大昆虫展in東京スカイツリータウン(R)」は、7月20日から9月1日まで開催される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

哀川翔のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る 2019年7月22日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「林遣都」のニュース

次に読みたい関連記事「林遣都」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「仲村トオル」のニュース

次に読みたい関連記事「仲村トオル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「志尊淳」のニュース

次に読みたい関連記事「志尊淳」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。