“前代未聞”大関陣総取っ替えもある!『角界』異常事態

“前代未聞”大関陣総取っ替えもある!『角界』異常事態
(提供:週刊実話)

 なんと、名古屋場所で昭和以降では初の「4大関全員休場」という異常事態が発生した。場所前の貴景勝の休場(大関陥落決定)に始まり、6日目に栃ノ心、8日目に豪栄道、11日目にはついに高安まで休場し、全滅してしまったのである。
連日満員御礼だった名古屋場所は、千秋楽で鶴竜(33)が白鵬(34)との決戦を制し、どうにか横綱の、いや、大相撲の面目を保った。

 場所前に再発した腰痛を克服。7場所ぶりとなる6回目の優勝を飾った鶴竜は次のように語った。

 「この3年間、(名古屋で)ずっと途中休場して、ファンの皆さんに申し訳ない気持ちで、このままじゃ終われないとの思いがあった」

 協会首脳も「さすがは横綱。よく責任を果たしてくれた」と、べた褒めだったが、当の協会側は「カネ返せ」という罵声を浴びてもおかしくない状況だった。

 「このところ、土俵上は新旧交代の嵐が吹き荒れていますが、栃ノ心、豪栄道はその風に飲み込まれてしまいました。高安も若手に煽られたと言えます。右ひじのけがが直接の原因ですが、いまだ手にしていない優勝にこだわりすぎて無理したことが、けがの間接的要因ですから。近い将来、大関陣の総取っ替えがあるかもしれません」(担当記者)

 おかげで、横綱の終盤の対戦相手がいなくなり、取組を編成する審判部は四苦八苦していた。このことは、優勝争いが一番盛り上がるヤマ場の13日目、両横綱の相手がともに前頭7枚目、妙義龍と友風、14日目の白鵬の相手がすでに7敗している東前頭5枚目の琴奨菊だったことでも分かる。他に相手がいなかったのだ。

 ところが、この苦肉の策から大番狂わせが飛び出した。13日目に鶴竜が友風に、14日目には白鵬が琴奨菊に金星を献上してしまったのだ。このハプニングがなかったら、どうなっていたことか。

 「さっぱり盛り上がらない優勝争いになり、協会は猛批判にさらされていたことでしょう」(協会関係者)

 炎鵬、照強という人気の小兵力士の活躍はあったものの、大相撲界の役者不足は深刻だ。世代交代が叫ばれる中、これといった力士がなかなか現れない。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「鶴竜 + 引退」のおすすめ記事

「鶴竜 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「照ノ富士」のニュース

次に読みたい関連記事「照ノ富士」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「稀勢の里」のニュース

次に読みたい関連記事「稀勢の里」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月1日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 鶴竜 引退

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。