パワハラ&買春スキャンダルの石崎徹衆院議員に非難ゴウゴウ「気持ち悪過ぎる!」

 参議院選挙に勝利した自民党に、別な意味で注目が集まっている。話題の主は石崎徹衆院議員。選挙戦さなかの7月18日発売『週刊新潮』に、秘書へのパワハラが記事になった。報道によると、仕事上のミスをあげつらって“バカ”“死ね”の連続。暴力も振るっていたという。

 堪忍袋の緒が切れた秘書は、診断書をもらい、6月頭に被害届を提出。捜査の妨げにならないよう勤務を続けていたが、この7月に石崎議員に蹴りを食らわせられる事件が起きて事務所を辞めたと告白している。

 石崎議員は7月23日に報道を認めて謝罪。議員活動を当面自粛するという。

 この件では石崎議員に厳しい声ばかり。自民党新潟県連の高取修一会長は「看過できない出来事。まずは公の場で本人から説明してもらい、県連としての対応を取りたい」と述べ、県連は離党勧告や除名を含む厳正な処分を出すよう党本部に求める方針を決めた。

 追い打ちをかけるように、石崎議員には『週刊文春』からも新たな“砲撃”が放たれた。7月25日発売の同誌によれば、石崎議員は今年4月30日、日本のインターナショナルスクールで美術教師として働く傍らビジネスマンなどに英語を教えている東欧出身の女性に“買春”を持ち掛けていたというのだ。

 この一件に対し、ネットからは、
《よくお金払えばやれるとかいう考えのゴミ男がいるけど どうしたらお金と性が結び付くと思うんだろうね。気持ち悪過ぎる》
《パワハラ&売春だなんて、最低》
《さようなら~ 二度とその面見せないでね!》
《モラハラチックな爬虫類顔》
 などと非難が殺到。当然ながらかばう声は皆無だ。

 石崎議員は2012年に大量の初当選議員が誕生した“魔の三回生”と揶揄されるうちの1人。同期には未公開株取引での金銭トラブルを報道された武藤貴也氏、不倫を報じられて議員辞職した宮崎謙介氏。さらに秘書への暴言や暴行を報道され「このハゲー!」で一躍有名になった豊田真由子氏や、女性問題を報道された中川俊直氏などがいる。他には不倫報道された中川郁子氏と門博文氏も同期の間柄。不祥事だらけの“魔の三回生”は、初当選時は116人と一大勢力を誇ったが、現在は81名と7割ほどに減少。今回の不祥事で石崎氏も議員辞職は避けられない事態に追い込まれたので、また1人永田町から去ることになる。

 活躍よりも不祥事ばかり話題になる“魔の三回生”に自民党はどんな教育をしたのだろうか? 一度聞いてみたいものだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 自民党 小池百合子
  2. 自民党 杉田水脈
週刊実話の記事をもっと見る 2019年7月27日の政治記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「自民党 + 小池百合子」のおすすめ記事

「自民党 + 小池百合子」のおすすめ記事をもっと見る

「自民党 + 杉田水脈」のおすすめ記事

「自民党 + 杉田水脈」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「維新の党」のニュース

次に読みたい関連記事「維新の党」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら