ジャニーズ事務所がソッポで中居正広が怒りの独立説

 ジャニーズ事務所からの独立問題で右往左往していた中居正広(46)が、来年度はジャニーズ事務所との契約更改は行わない方針を固めた模様だ。

 「今年度は契約更改の意思をジャニーズサイドに伝えているため、いまさら引っ繰り返すことはできません。でも、来年度の契約について中居は薄ら笑いを浮かべながら『来年は白紙だべ』と答えたそうです。毎年、中居は眉間に皺を作りながら『分からない』と話すだけだった。もう腹は括っているんですよ」(関係者)

 中居がジャニーズ事務所からの独立を改めて決断した理由は2つあった。

 「1つは夢にまで見ていた東京五輪の総合キャスターのポジションです。NHK日本テレビ亀梨和也TBS中居、フジテレビ関ジャニ∞テレビ朝日東山紀之という布陣で話が進んでいたんです。ところが、TBSは局アナ安住紳一郎を選抜した。ジャニーズサイドは何もオーダーをつけていないんです。中居がどれだけ落ち込んだことか…」(芸能プロ関係者)

 2つ目は8月13日に日本テレビで放送される特番企画『はじめまして!一番遠い親戚さん』のMCを外されたこと。収録は7月22日に行われ、ゲストにはIKKO宮川大輔陣内智則斎藤工、吉田沙保里らが出演したという。実は、中居が日テレに裏切られたのは2度目となる。

 「同番組のMCとして当初、中居の名前が挙がっていた。日テレは中居に大きな借りがあったからです。高視聴率を取っていた『ナカイの窓』を局の都合で一方的に打ち切ったんです。しかも、新たにスタートした『新・日本男児と中居』は『ナカイ~』の半分の視聴率も取れていない。中居のMCを想定した今回の特番の視聴率がよかった場合、中居をメインに据え、GP帯で新たなレギュラー番組がスターとする予定だったんです」(事情通)

 ところが、ふたを開けてみれば、MCの座に収まったのは『嵐』の相葉雅紀だった。先頃、亡くなったジャニー喜多川氏は相葉を“ポスト中居”として育成するべく、日テレ側に頼み込んでいたという。

 こうした裏事情もあって、相葉のギャラはリーズナブルな金額で収まったようだ。

「特番として1本80万円~。ジャニーズとしては、GP帯に進出してから元を取る作戦でしょう」(同)

 一方、日テレ局内ではこんな情報も飛び交っている。

 「『はじめまして~』は最初から相葉に決まっていた。相葉はMCの極意などを中居に聞きに行っている。“ドラマの情報漏洩をごまかすため宣伝部から浮上した話”ともっぱらのです」(制作会社プロデューサー)

 いずれにせよ、中居くん、早く進退決めて!

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年8月10日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。