大阪メトロ 痴漢撲滅運動の缶バッジが予想外の人気

大阪メトロ 痴漢撲滅運動の缶バッジが予想外の人気
(提供:週刊実話)

 大阪メトロ(地下鉄)で、今年も「夏の痴漢撲滅キャンペーン」が7月20日スタートした。御堂筋線の梅田、なんば、天王寺の各駅では、キャンペーンの缶バッジが配られているが、これが人気を呼んでいる。
「缶バッジは直径約3センチ。表面には『ちかんにカンカン!』と『Dont touch me!』の文字に、怒っている女の子のイラストなんですが、この子のデザインがかわいいと評判なんです」(地元記者)

 地下鉄利用客に「痴漢防止」を呼びかける手段としては、これまでは〈痴漢は犯罪です!〉といった威圧的なコピーをあしらったポスターが中心だった。しかし、大阪メトロ内部で「痴漢撲滅には被害者からの視点が大切」「普通のお客さんが萎縮する」という意見があり、ソフト路線の“缶バッジ”も採用されたのだ。

 これまでのところ人気は上々で、本町の商社に勤務しているOLは、「痴漢の目につきそうな胸元や鞄につけとけば、いい痴漢対策になります。デザインがかわいいから、お洒落に使えるのもいいですね」とニッコリ。女性はもちろん、「家族に渡す」という理由で男性がもらいに来るケースも増えているという。

 大阪メトロの関係者も、「バッジとポスター、車内放送の3点セットで痴漢対策の効果は必ず上がると期待しています」と胸を張る。
「混雑時の御堂筋線は、その手の愛好家から“痴漢電車”と呼ばれる有様で、被害が減らない。汚名を返上すべく、全国の地下鉄では初となる車内防犯カメラの設置や、私服警官のパトロール強化などにも力を入れています。その上で、この缶バッジが話題になってくれたので、本当に嬉しい」

 とはいえ、痴漢には冤罪もつきものだ。以前、痴漢の冤罪で事情を聴かれたという豊中市の会社員がこうつぶやいた。
「痴漢でカンカンもええけど、その裏では“冤罪でえんえん”の人もいるんやで」

 痴漢はアカン!

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年8月9日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら