エア退社って何?「会社辞めたい」ツイートと“隠れブラック企業”の実態とは

エア退社って何?「会社辞めたい」ツイートと“隠れブラック企業”の実態とは
(提供:週刊実話)

 どうやら日本は相当に行き詰まっているようだ。「仕事多過ぎ」「何でこんなに賃金低いの?」「上司がクソ過ぎる!」「サビ残やだ!」「会社を辞めたい」…毎日そんな言葉がツイッターではあふれている。

 これらのツイートが“単なる愚痴”だとは到底思えない。なぜなら、今や“高ノルマ+低賃金+サービス残業”という3点セットが、多くの会社でごく普通に行われているからだ。“隠れブラック企業”などといわれるが、その比率は、ある民間シンクタンクの調査によると、何と日本の全業種の約60%にも及ぶという。

 現在、政権を握る安倍政権が「長時間労働是正とゆとりある職場」をスローガンを数年前に打ち出し、今年の4月から施行が開始された「残業時間上限規制」が、皮肉にも、この隠れブラック企業の拡大に一役買っているらしい。

 具体的には正規非正規に限らず、まだ仕事が終わらない社員に対し、一度定時でタイムカードを押してまた仕事を続ける“エア退社”という事実上のサービス残業を会社側が「強制している」というのだ。

 なるほど、これならば記録も残らず、残業時間上限規制に引っ掛かる心配もない。まさに会社側にとっては“一挙両得”になるわけだ。そしてこのエア退社を拒否する者には上司の命令で、周囲の同僚が集中的に嫌がらせを始め、自主退職に追い込むケースも多いという。

 最悪だ…。人権主義のカケラもない何ともみじめ過ぎる社会。今、大企業のパワハラ問題が大きくクローズアップされているが、個人はなぜここまで冷酷に扱われ、会社の利益のみが最優先されるのか?

 「もういやだ! 全部やめろ!」と、スマホを地面にたたきつけ、多くの労働者が外で本音を叫び、それを正当な言い分として“大多数が真摯に受け止める社会”こそ、今の日本には必要なのかもしれない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年8月10日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「セクハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「セクハラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら