早くも暗雲漂う20年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」門脇麦と沢尻エリカの不仲説

早くも暗雲漂う20年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」門脇麦と沢尻エリカの不仲説
(提供:週刊実話)

 NHKのスタッフが頭を抱えているのが、2020年に放送される大河ドラマ『麒麟がくる』。なんと、ドラマのWヒロインといっても過言ではない門脇麦(26)と沢尻エリカ(33)の2人が犬猿の仲になっているというのだから、タマらない。同作では主演の明智光秀を演じる長谷川博己(42)を巡り、美濃の蝮・斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)を演じる沢尻と、京都の戦災孤児・駒役の門脇が、恋の火花を散らすという設定になっているのだ。

 「2人は1人の男を取り合う設定のため、ガチガチのライバル関係にあるわけです。役柄が2人に乗り移ってしまったと表現すべきなのか…。沢尻も門脇も他の出演者とは親しく話すのに、なぜか、2人きりになると一切、口をきかないんです。それどころか、互いにソッポを向いてしまう。傍から見たら、喧嘩をして、互いに嫌っているようにも見えるんです」(制作関係者)

 2人が不仲になった理由については、あらぬが現場で飛び交っている。なんでも年下の門脇が沢尻に対し、挨拶に行かなかったというのだ。

 「事実なら門脇に落ち度がありますが、一方では、門脇は挨拶をしたが沢尻に無視されたという話も広まっている。どちらが本当なのか、今となってはよく分からないんです」(同)

 さらにこんな話も。ギャラの金額を聞いて沢尻が不機嫌になったというのだ。

 「沢尻は1本当たり40万円~。門脇は60万円~。実は、NHKの貢献度でギャラが決まるためです。門脇は朝の連続ドラマ小説など、細かい仕事を受けている。それが、この金額の差なんです」(テレビ事情通)

 もっとも、不仲説を一蹴するNHK関係者も…。

 「仲が悪い? それは120%違います。互いにライバル視しているんですよ。演技で負けたくないという思いから話さないだけです。もちろん、話題作りという目的もあると思いますよ」(放送作家)

 早くも不仲説が浮上した沢尻と門脇。果たして、真相は…?

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 門脇麦 Instagram
  2. 門脇麦 小松菜奈
  3. 門脇麦 映画
門脇麦のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る 2019年8月13日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「門脇麦 + 映画」のおすすめ記事

「門脇麦 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「門脇麦 + 小松菜奈」のおすすめ記事

「門脇麦 + 小松菜奈」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「吉田羊」のニュース

次に読みたい関連記事「吉田羊」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。